FC2ブログ

01月 « 2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

エンジンの仕組みから考えるチューニング 5

2017年 02月14日 02:44 (火)

昨日は愛媛マラソンでした。
私の住まいの側の大通りがマラソンコースに成るので半日は車両通行止めです。
ジャイロで走れないならと、また腰下をバラして加工ロンクラを入れ替えました。
でも、寒み~です。
作業を始めて1時間もすれば鼻水が出てきて、3時間が限界。
途中で止めて風呂に飛び込みましたよw
あと5年もしたら沖縄辺りじゃなきゃ冬場の野外作業は無理そうです。

今回は駆動系にも手を入れました。
台湾製のクランクはクランクウエイトから駆動系取り付け部までの寸法が
0.5mmほど長いんです。
プーリーボスを純正のまま使用するなら問題は出ませんが、シムを入れたり
ロングボスを入れる場合はLカバーを外側に逃がす必要があります。

私の車両は0.3mmと0.5mmのシムを入れてプーリーの落とし込みをしてあります。
ですので以前紹介した1mm厚のガスケット(市販予定)で逃がしていたのですが、
たまに駆動系からチリチリと擦る音がしていました。

170213_113929.jpg170213_114018.jpg

プライマリーシープの外周部が擦れてますよね。
何処に当たっていたかというとここです。

170213_114618.jpg

シープ中央部のキックのコマ部分はガスケットで逃がせたのですが、
このシャフトは左右にガタが生じてしまって擦れるようです。
そこで内側にガタが出来ないようにケース側軸受け部にワッシャーを一枚入れました。

170213_114440.jpg

グリスを入れて組み付けたら音も無くなり、キックも問題無くなりました。

そして、クランクですが今までで一番良い感じ。
まだ振動はありますが、長距離を走ってもこれなら大丈夫そう。
これで一先ず妥協点として良いと思うレベルまで来ました。
後はフライプレートで振動の微調整を試して問題無ければ先に進みたいと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク