FC2ブログ

12月 « 2017年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

ジャイロUP後期のOH&チューニング 2

2017年 01月30日 01:45 (月)

ここ最近バタバタしていました。
実は父親が再度入院したんです。
1月12日にやっとリハビリ施設に入居したと思ったら5日で4kgも体重が増えて
病院で検査したら内臓に水が溜まっている。
即入院が決まってしまいました。

病院まで片道3km弱ですが、数日おきにジャイロで往復しています。
寒くなったせいかキャブセッティングがどうも合っていないようなんです。
街乗りで焼付くような薄さでは無いのですが、少し濃くした方が良さそう。
そして、バッテリーとセルを新品にしたのにセルが回りづらいので
これもチェックが必要ですね。

そこで久しぶりにキャブセッティングを変更しました。
SJ45 ⇒ 48、MJ115 ⇒ 118、PJ45 ⇒ 48です。
松山市内では全開で走れる場所が無いのでPJは適当です。
バッテリーからセルまでの配線チェックしたけど問題無し。
念のため圧縮を計ってみました。

P_20170129_123302.jpg

あれ? 15kg/㎠超えてるじゃん。
確か年末ぐらいに圧縮調整で13kg/㎠まで落としたと思ったけど、何時だったかな?
これじゃ~セルは回らないはずですw
本当なら再度圧縮調整するところですが、バランス取り加工クランクの試作が出来たので
数日中に交換する予定なのでそれまでは大人しく走ってごまかしますw

それにしてもドライコーティングは凄いです。
慣らしが終わって当たりが付いてくるとドンドン圧縮が高く成ってくるんですね。
ドライコーティングと言えば最近は大排気量車の問い合わせが増えています。
そこで試しに少し始めてみることにしました。

P_20170129_231902.jpg

え~これは多分、KH400のシリンダーだと思います。
空冷3気筒だと真ん中の2番シリンダーが熱的に一番厳しく成ります。
2番シリンダーの状態はこんな感じ。

P_20170129_232006.jpgP_20170129_232039.jpg

通常の腰上オーバーホールの場合、ボーリングしてオーバーサイズピストンを入れます。
ピストンは社外なら3つで30000円程度、純正なら50000円を超えてしまいます。
これにボーリング代を入れるわけですから相場は10万円~ ですね。
ところが、ドライコーティングなら安く新品同様に仕上げることが出来ますからね。

もちろん、ピストンも再利用します。
ピストンといえば、これを観てください。

P_20170129_234725.jpgP_20170129_234814.jpg

ピストンのトップにはカーボンがびっしりです。
でも、裏側は綺麗ですよね。
昔の2stはピストンリードバルブ方式なんです。
掃気ポートが開いている時にはリードバルブは閉じています。
ですので、クランクケース内に火が入ることは無いんです。
つまりバックファイヤーは無し。
だから、ピストンの裏側にカーボンが着かないんですね。

ドライコーティングについてはまたの機会にブログで書きたいと思います。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク