FC2ブログ

11月 « 2016年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

中期キャノピーエンジンの代替後期エンジン(セッティング編1)

2016年 12月05日 01:40 (月)

注文していたUPSのクーリングファンが届きました。
早速、KOSOファンと比べてみます。

P_20161204_232635.jpg

比較するとUPSファンはかなり小さいです。
羽の大きさも結構違いますので風量はかなり落ちると思われます。
ですので、ボアアップ車両では冷却不足に成るので私的には使用不可ですね。
ただ、純正シリンダーに排圧マフラー仕様なら回転抵抗が少なく成るので
レスポンスアップしますね。
そしてフライプレートと組み合わせれば抵抗が減る分、最高速UPが期待できそうです。
エンジンノーマル車両にお勧めのパーツです。

P_20161204_232707.jpg

裏側もフラットなのでフライプレートは装着しやすいですね。

P_20161204_232727.jpg

KOSOファンは裏側がフラットではありません。
しかも2つ穴ですから装着に工夫が必要です。

P_20161204_234900.jpg

まずはフライプレートだけを対角線にボルトで固定して、空いている赤丸の
ネジ穴を使ってファンを留めます。

P_20161204_232819.jpg

その際に段差を埋めるためにワッシャーを段差分噛まして留めます。
これでしっかり取り付けることが出来るわけですが、
バランスによってはフライプレートを留めるボルトを1本にして3本留めにしたり、
ワッシャーを噛ましたりして微妙な調整も可能に成ります。

ファンを変えたり、フライプレートを装着する際はボルトの長さに注意が必要です。
長すぎるとコイルを傷つけて発電不能に成ります。

そして75マロに使えそうなスモールエンドベアリングですが、
「ぇっちんさん」にコメントを頂いたように耐久性やサイズによって使えないものが殆どです。
多摩ピットでは75マロ用の補修部品はピストンキットで注文する必要があります。
単体で購入不可なのは、ショップの考えがあると思いますのでキットで購入することを
お勧めしますが、あまりにも問い合わせが多いので探してみることに成った訳です。

クーリングファンとは違い、前回のブログでもメーカや品番は発表していません。
見た目で使えそうでもテストが必要だからです。
来年、シンコーメタルまでの長距離テストを行って、old_kpさんに診て頂いた上で
OKの許可が下りればメーカー名と品番は発表しますね。

私自身はエキスカでピストンピンとエンドベアリングは予備があるので必要無いですから
本当ならリスクを負わずに神奈川まで走りたいんですよ。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク