FC2ブログ

10月 « 2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

中期キャノピーエンジンの代替後期エンジン

2016年 11月18日 02:02 (金)

おかげ様でエンジンのオーバーホール依頼が多くて休み無しで頑張っています。
現在もジャイロ4機、横ディオ2機の計6機のエンジンが作業部屋を占領して
足の踏み場もありません。
まあ、1機は私のエンジンですが、完成させないと休みを頂いても釣りにも
行けない状態です。

前回、記事で紹介したAF35ZX後期エンジンですが、腰下とギアボックスの
オーバーホールが終わりました。
お客様からの要望があったので少し書きますね。

クランクシャフトを揺すっただけで極上のエンジンと判断したわけですが、
ギアケースを開けたらカウンターシャフトやファイナルシャフトの受け部が
殆ど摩耗していませんでした。
このエンジン、全然走ってない。走行距離が短いです。

それでもエンジンが掛けられていない期間が長かったので、ゴム製のオイルシールと
グリス封入してあるファイナルシャフトベアリングは交換です。
これはハイギア入れたいですね~
良いオイルを入れますから摩耗も無く、抜群に速く出来ますよ~

そして砂を噛んでいると思われる腰下をオーバーホールしました。
組み上げた後の計測はこんな感じ
[広告] VPS
ベアリングの遊びは完璧ですね。
しっかりセンター出しが出来ました。
[広告] VPS
駆動系側のクランク精度です。
今まではセカンダリーに少し負担が掛かっていたので精度は落ちていますが
まだ使用範囲内、3/100mmぐらいの精度です。
駆動系の調整も、次回ブログでやりましょう。
[広告] VPS
フライホイール側は良い精度です。1/100~1.5/100mmぐらい。
これが本来の純正クランクの精度でしょう。

このエンジンはマロッシシリンダーを組むことに成っていますが、
シリンダーの組み方も間違った認識をしている人が多いのでブログ公開しますね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク