FC2ブログ

09月 « 2016年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

社外補修用パーツ

2016年 10月29日 02:08 (土)

今年の秋は去年までと様子が違います。
気候のことじゃないですよ。
腰下オーバーホールについてです。
入ってくるエンジンがほとんど廃車寸前、ほぼ終わっているエンジンなんです。

お客様は「そろそろ腰下オーバーホールかな?」って感じで問い合わせてくるのですが、
入庫したエンジンを調べるとほとんどのエンジンのクランクはすでに終わっている。
クランクベアリングは、まだ大丈夫なのにクランク大腿部のベアリングが傷んでいたり、
シャフトのベアリング装着部が痩せていたりするエンジンが多いんです。

通常はクランクベアリングが先に傷むのでしょうが、一度腰下OHをされたエンジンだったり、
無理な鼓動系チューニングをされたりして他の部分から傷みだします。

2stは本当にパワーが有りますから、腰下が傷んでいても60km/hぐらい出ちゃうんです。
だから、まだ大丈夫と思ってチューニングしてダメージを大きくしてしまうんですね。
ライブディオ系は腰下やミッションがしっかりしていれば200mもあれば60km/hは出ます。
それが400~500m掛かるなら、各部の見直しが必要なんです。

ジャイロ系は車体の重さと3輪と言うこともあり、200mで60km/hは難しいですが、
それでも50km/h前後は出ますよ。

先月、来ていただいた「きゃのあさん」のジャイロキャノピーも、終了したクランクで
400kmの道のりをノートラブルで松山まで自走してきました。
普通に60km/h前後出ていたので、まさかクランクが終わっているとは思わなかったでしょう。
そのぐらい2stは丈夫ですから、オーナーさんは気が付かないんですね。

でも実際はダメージは深刻でOHの他に新品のクランクを入れる出費に成ってしまいました。
今はブログコメントを頂いたように駆動系のチューニングだけで80km/hオーバー。
エンジンはフルノーマルです。

おじいさんに高いスニーカーを履かしても速くは走れません。
でも10代の若い子に高いスニーカーを履かせれば、明らかにタイムは良く成ります。
チューニングするなら各部を良い状態で行ってほしいものです。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク