FC2ブログ

06月 « 2016年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

エアクリ、パワーフィル、ファンネル吸気を考える

2016年 07月05日 00:47 (火)

いや~暑く成りました。
ルマン24時間も始まりましたね~
今年はトヨタのエンジンが良くなって、去年より1周で7秒も速いそうです。
アウディ、ポルシェ、トヨタの三つ巴に成りそうですね。
先ほどまでF1を辞めたマーク・ウェバーと小林可夢偉がトップ争いをしていました。

私はモータースポーツが好きで、モトGPやスーパーバイクはもちろん、F1からラリー
耐久からスプリントまでジャンルを問わず観ていますが、全部観ると
ブログが書けないどころか、寝不足で仕事に成りませんww

最近はマシーンもかなり変わってきましたね。
四輪はハイブリッド主流ですし、二輪は2stが無くなりました。

そんな中、二輪は逆回転のシリンダーが出てきました。
エンジンは上下のピストン運動をクランクで回転運動に変える訳ですが、
クランクが逆に回るんです。
クランクが逆に回るとフリクションロスを大幅に削減することが出来ます。

そこで皆さんも考えてみてください。
駆動系が正常に作動するかどうかは、この際無視したとして、
スクーターでクランクが逆に回ると当然、セカンダリーが付いているファイナルシャフトも
逆に回ります。
後輪を順回転に回すにはカウンターギアが要らなくなるんです。
つまり、カウンターシャフトに着いている2つのギアに掛かっていたフリクションロスが
無くせるってことです。
これは本当に大きなことで、三輪のジャイロなら大幅なパワーアップが可能ですね。

まあギアボックスも作り直さないといけませんから、私には不可能なチューニングですね。
では現時点で出来るチューニングを考えてみましょう。

今までも駆動系のフリクションロスを低減するチューニングを紹介してきた訳ですが、
皆さんはどのくらい駆動系が分かっているでしょうかね?
このままブログで書いてしまうのは簡単ですが、久しぶりにクイズにしましょう。

駆動系とは、ピストンの上下運動を回転運動に変えて後輪を回す際に、
回転する部分全部が駆動系と考えてください。
この回転は純正ノーマルの2stエンジンのクランク部で8000rpmほどに成るわけですが、
その際、一番速く回転しているのはどのパーツでしょう?????

答えはコメントに残していただいても結構ですし、自身で思っていても構いません。
一番速く回転しているパーツのフリクションロスを減らせば、たぶん一番効果的ですよね。
皆さんは少しでも速くしようと思って、このブログを読んでいると思いますから、
50ccという小排気量の原付のパワーアップには限界があるんです。
まして、ストリートでは限界ギリギリのチューニングをするよりも、
ロスを減らす方が安全で実用的なんですよ。

続きは、答えと一緒に次回のブログで書きますね。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク