FC2ブログ

02月 « 2016年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

ジャイロX後期エンジンのレストア 3

2016年 03月30日 23:56 (水)

今日は伊予黒鯛會のOさんと一緒に釣りに行きました。
毎年、この時期にしか釣れない場所で私は一度も竿を出したことが無く
一度行ってみたかったんです。
潮が悪く、釣果は無しだったのですが、釣り場のレパートリーが増えて良かったです。

前日に餌をジャイロに乗って買いに行ったのですが、まだ少しジェッティングが
ズレているようです。
思い切ってMJを90番から82番に落としてから出掛けました。

走り始めて、すぐに「加速しない!パワーが無い!」と気づきました。
だって45km/hしか出ないんです。
まあ、考えてみれば82番じゃ薄いはずですよね。
応急でニードルクリップを一番下まで下げてニードルを上げました。

これで下の加速は良く成ったのですが、上は薄いはずですからハーフスロットルで
帰ってきましたよ。
まあ、セッティングで手抜きをして10番づつ下げていったのが悪いんですけどね。
帰ってきてMJを95番にしたかったのですが、95番が使用中。
余っているジェットが有ったので95番を作りましたよ。

早速、取り付けようとしたら・・・・
キャブ本体を止めるネジをバカにしてしまいました。

ここはネジキリ易いので注意していたんですが
朝急いで変えた時に斜めに入っていたんですね。
仕方がないので、補修します。

160330_183456.jpg160330_183536.jpg

ここですね。
クイックメタルを入れて、固まらないうちに3mmの太さで穴を開けておきます。

160330_184836.jpg

一日経ったら、M4×0.7でタップを切り直せば完成です。
道具が無い人はM4の5mmほど長いボルトナットのセットを買って、
上下で締めるようにすれば使えます。

ついでに、PJ用の穴も広がってきたので補修しておきました。

160330_190038.jpg

ここはシリコン液体ガスケットなどでOKですね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロX後期エンジンのレストア 2

2016年 03月30日 00:01 (水)

今日は、お客様から依頼があったプーリーや拡大変速加工セカンダリーを
製作していました。
でも、セットで注文する方は少ないんですよ。
セカンダリーを加工できる方は良いのですが、セカンダリーだけ購入する方は
何処のプーリーと合わせるんだろう???

90mmぐらいのプーリーであればセカンダリーは無加工でOKですが
それ以上の大きさのプーリーならセカンダリーも加工する必要があります。
でも、95mm前後のプーリーでポン付けでベルトが外側まで行くプーリーは
うちのプーリーもしくは、シンコーメタルプーリーぐらいなんですよね~

他のプーリーだと外側まで変速させるとベルトが切れて苦情が来るので、
実際の変速域は狭く設計されているんでしょうね。

皆さん、プーリーを選ぶ基準って解かりますか?
上記の変速幅はもちろん、変速特性とローフリクション性能も重要です。
軽量なんて2の次、3の次です。

変速特性は、プーリーフェイスの角度とWRガイドの転がり形状によって決まります。
このプーリーの変速特性に合わせてセカンダリーの変速特性を合わせて
バランスを取っていくことが重要なのですが、これはまたの機会にします。

今日はプーリーのローフリクション化についてです。
プライマリーの変速はプーリーが回転することにより、遠心力でWRが外側に押し出されて
プーリーがドライブベルトを外側に押し上げます。(知ってますよね)
その時にWRは、ローラーガイドとランププレートに挟まれて、物凄い摩擦抵抗に成るんです。
この摩擦抵抗が大きなパワーロスに成っているんです。

このパワーロスで燃費まで悪くなってしまうんですよ。
ですので、通常は専用のグリスを塗って組み付ける訳ですが、
カバーの無いプーリーでは50~100kmも走行すればグリスは遠心力で飛んでしまいます。
グリスが切れればフリクションロスが大きく成りますから、せっかくセッティングしても
グリスが切れたら変速フィーリングは変わってしまう。

グリスがある時、変速時にWRはローラーガイドを転がっています。
でも、グリスが切れると転がらずに滑って移動しているんです。
だから、消耗したWRは一部分だけが平たく摩耗していますよね。
転がっていないから一部だけが摩耗する訳です。

レースと違い、公道仕様では100kmごとに駆動系をバラして
グリスを塗る訳にいきませんので、ノングリスでWRが滑らないで転がるプーリーを
探していた時にシンコーメタルのプーリーに出会ったわけです。

ところがシンコーメタルのプーリーを使用していて3000kmほど走行したら
フィーリングが変わってきたんです。
そこで、WRガイドのドライコーティングを再試行したのですが、
フィーリングが戻りませんでした。
そこでold_kpさんに聞くと、ランププレートのDLC加工が剥がれた為とのことでした。

DLC加工って、ダイヤモンドとグラファイトを結合させたコーティングで、
現在の技術では一番硬いドライコーティングの技術なんです。
そんなに硬いコーティングが剥がれるほどの圧力がランププレートには掛かるんですね。
シンコーメタルプーリーはランププレートが厚く、他社製の1.5倍ぐらいあるんです。
プーリー購入当初は解かりませんでしたが、パワーを掛けても圧力に負けて曲がらないように
考えられた厚みだったんですね。

DLC加工でも持たないなら、コーティングをしてローフリクション化を図るのは
難しいと思い、私はランププレートを鏡面加工することにしたって訳です。
摩擦性能はコーティングより劣りますが、半永久的に使えますからね。

プーリーのフリクション性能はWRの重さでおよそ判断が出来ます。
変速特性がプーリーによって違うので正確ではありませんが、
軽いWRが使えるほどローフリクション設計のプーリーと考えれば良いでしょう。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク