FC2ブログ

02月 « 2016年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

ライブディオの駆動系

2016年 03月28日 02:09 (月)

ライブディオのオーバーホール&チューニングも終わり、
昨日納車したので、やっと一息つきました。
髪がだいぶ伸びたので切りに行くか、それとも釣りに行くか迷いましたが、
やっぱり選ぶのは趣味の釣りですね。
頑張った後は癒しが必要でしょ?ってことで、クラブの大会以来の釣行です。

朝7時ごろに家を出て、大会の時に会長が大物を釣り上げたポイントで竿を出したんですが
10時まで一度も当たりが無かったため、ホームグラウンドの北吉田に移動。
14時過ぎまで釣りをしていました。

そろそろ帰ろうかと思っている時に、地元松山のお客様から電話がありました。
最初はライブディオZXのトルクカムの変速拡大加工についての
話しでしたが、良く話しを聞いてみるとプーリーも怪しい。
そこで、駆動系を外して持って来て頂くことに成りました。

そうそう、釣りに行った話は時々ブログに書きますが、釣果はあまり書いてないんです。
自分で書くのも何ですが、去年は散々でしたが今年はかなり好調です。

160327_150643.jpg

51cmと48cmのチヌです。
お腹が卵でパンパンで引きが強かったですね。
特に48cmの方は取り込みまで5分ぐらい掛かったかも知れません。
それにしても今の釣竿は性能が良いですね~
前の竿だったら糸を切られて上げられなかった可能性が高いです。
腕が悪くても大きな魚を釣ることが出来るんですから凄い技術です。

話しを元に戻します。
お客様には夕方、駆動系一式を持って来て頂くことに成りました。

早速、プーリーを見てみると国内メーカー製のプーリーでした。
プライマリーフェイスとプーリーを合わせてみると、何とか外周まで来るかな?
もしかしたら、1mm程度使えないかも?ぐらいの感じでしたが、
プーリーボスとランププレートを合わせてみると、WRが最大変速まで移動しても
プライマリーフェイスとプーリーが、くっ付きそうにありません。
つまり、最大変速時にランププレートとプーリーボスの間にクリアランスが出来ないんです。
(解かるかな?)

そして、プーリーボスの長さを計ってみると36.5mm!
つまりロングボスが入っています。
ライブディオZXのプーリーボスは長くても36.3mmまで。
それ以上だとベルトが少し減っただけでボスタッチしてしまうので、
発進時にベルトが滑ってしまいます。

せっかく、95mmの大口径なのに残念なプーリーですね。
ボスを純正に変更すれば、発進時のベルトの滑りは解消されますし、
最大変速時に今よりはプーリーとフェイスが近づきますので多少最高速は
上がりますが、95mmの大口径の恩恵は受けられないですね。

お客様には当店の加工プーリーを購入して頂くことに成りました。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク