FC2ブログ

01月 « 2016年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

AF28スーパーディオZXエンジンのレストア 2

2016年 02月09日 20:41 (火)

今日の松山は朝から暴風。
13階に住んでいる私は仕事に成らず、風が弱まった昼過ぎから仕事でした。

作業をしていると井上ボーリングさんから荷物が届きました。
実はジャイロのエンジンが入庫していて、クランク修正に出していたんです。
納品書を見ると見慣れない文字が・・・・

160209_182629.jpg

これ以上は無理って、珍しく泣きが入っています。
長年使用されてきたクランクはシャフト自体の曲がりもあるので、
本当に難しいらしいんですよ。
動画でクランク修正して、物凄い精度の動画もありますが、
あれは新品や大事に使われてきてシャフトの曲がりが無いクランクを
修正してこそ出る精度なんです。

早速、泣きが入ったクランクの精度を確認してみます。
[広告] VPS
”無理です”なんて書いてきたので内心心配していましたが、
まあまあじゃないですか~
右のフライホイール側が5/100の振れで精度は2.5/100、左の駆動系側が3/100チョットですから
1.5/100ぐらいでしょうかね。

伝票には前・後で書いてありますが、前は修正前、後は修正後のようです。
0.03って書いてあるので振れの大きい右側の精度が書いてあるのでは?
ちなみに修正に出す前は16/100ぐらい振れてたと記憶しています。
精度的には8/100ですから修正前でも、そんなに悪く無かったんです。
オーナーさんも8000rpmは楽に回っているって言ってましたからね。

明日には純正部品も揃いますので腰下オーバーホールに入ります。
でも、ケースがちょっと厄介です。
ボルトの締めすぎでケースの合わせ面が潰れているんです。
実は、今回レストアしているAF28ZXエンジンも同じ症状なので、
作業は一緒なんです。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

AF28スーパーディオZXエンジンのレストア

2016年 02月09日 00:46 (火)

ライブディオのレストアをしたせいか、ディオについての問い合わせも多くなってきました。
まず、ハイギアについてです。

ZXのギアは、ライブもスーパーも一時側が13/41、二次側が13/45です。
数字だけでは判りずらいですよね。
これは結構なハイギアで、大口径プーリーを使うことで7000rpmで80km/h、
チャンバーとリミッターカットと併用すると9000rpmで100km/hを超えます。

つまり、100km/hまで楽に出る車両で無いと、これ以上のハイギアは必要無いってことです。
ここまで出ない車両でハイギアを入れるとパワーが食われて逆に遅くなります。
最高速は10km/h落ちても良いから、50km/hのエンジン回転数を抑えたいって感じなら
入れても良いと思いますよ。

そして、純正シリンダーを焼いてしまった人も多いと思います。
純正と同じ排気量なら純正シリンダーを再生するのが一番です。
補修用や台湾シリンダーはパワーダウンします。
純正の新品シリンダーの在庫も無くなった機種が出てきています。
そのうち5万出しても買えない時期が来ると思いますので、
焼いても絶対に捨てないことです。
まあ、近いうちに補修も始めますしね。

ボアアップキットですが、日本製・台湾製・中国製は私的には全部駄目です。
ポート位置が悪かったり、材質が粗悪だったり色々ですが、
かなり手を加えないと使えないものが多いですね。
手を加える費用を考えると欧州製が2つ買えてしまいますから、
初めからマロッシやポリーニを買った方が良いと思うんです。

私も散々やりましたよ。
台湾製キットを買って、シリンダーを炭焼きする。
歪みが出て再ボーリングしてもらう。
そうしたら、ピストンクリアランスが広く成ったので、コーティングを業者に出して装着。
やっとまともに走れると思ったら、高回転が回らない。
そこで、フルポート加工を依頼って感じでやっと使えるように成りました。

ボーリング、ピストン&シリンダーコーティング、フルポートを外注に出したので
合計5万円を超えました。
キットの値段は6000円でしたので馬鹿らしいですよね。
マロッシ2セットを楽に買えたのに。

まあ昔の話しですから、今なら自分で出来る作業もあるので、そこまで掛かりませんが
それでも、作りの悪さはリスクを伴います。
つい最近では、Redbom3223さんが台湾シリンダーを装着したってことで、
たぶんピストンヘッドが薄いから注意するように電話で話したんですが、
結果は腰上、クランク、ケースを破損でエンジン終了です。

私は30年以上も2stを弄ってますから、大半のパーツは試しています。
台湾製でも使えるパーツは有りますので、購入する前に相談してくださいね。

それから、去年も行ったエンジンの無料点検を今年も実施します。
国産の2st50cc空冷のスクーターに限ります。
パワーが無い、吹け無い、原因が判らないけど調子が悪いなどの症状がありましたら
エンジンを外して送っていただければ、原因を究明しますよ。

自分で実車を診て原因が判らないことはネットで調べても、なかなか解決しないものです。
今のうちに原因をハッキリさせて、暖かく成ったら気持ち良く走れるようにしましょう。

期間はまだ考えていませんが、忙しく成ったら、オーバーホール等の依頼を
優先しますので時間が掛かることもあります。
通常は2~3時間で点検は終わります。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク