FC2ブログ

09月 « 2015年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2st原付チューニングの後に残ったもの

2015年 10月11日 04:42 (日)

私が、原付免許を取得したのは16歳、高校に入ってすぐでした。
休みの日には中学の友達と一緒に走り回りましたよ~
10人ぐらいかな~?
半分は原付、残りは250ccや400ccでしたね。
排気量は違っても風を切って走る楽しさと、自転車に乗ってる頃とは
全く違う行動範囲の広さに歓喜し走り回りました。

その時に夢中で読んでいた漫画が少年マガジンの「バリバリ伝説」
読んでいると、ワインディングロードを走りたくなってくるんですが、
東京の街中には、90度の直角カーブばかりで、そんな道無いんです。

朝、暗いうちに待ち合わせして、奥多摩やいろは坂なんかに行くんです。
でも、一緒に行く中型のペースで走るのは、60km/h規制前の車両でも純正じゃ無理なんです。
そこで、原付に乗ってる仲間はチューニングして、何とか中型のペースに付いて走ろうって
頑張ったんです。

みんなボアアップやチャンバー、駆動系など速く走れそうなことは、すぐに飛びつきましたよ。
今のようにインターネットが無い時代ですから、本を読んだり上野まで行ってパーツを観て
店員に聞いたりしながら、みんな工夫してチューニングしてたんです。

中には、私の原付より速い車両もありましたよ。
でも、途中で焼き付いたり、熱ダレでペースが落ちてついて行けなくなったりして
原付乗りはそのメンバーから抜けたり、中型に転向したりしたんです。

気が付くと50ccで残ったのは、私一人でした。
残れたのは、長距離でも70km/hのハイペースで走れ、焼き付かない。熱ダレしない。
そんなチューニングが出来たからで、今のストリートチューニングに生かされてます。

中型なら、高速使って半分の時間で往復出来るところをノートラブルで走る私に合わせて
必ず一般道で走ってくれます。
それから30年の時が経ち、その時のバイクは残っていません。
でも、その時の仲間は私の親友として今でも残っています。

私の場合、チューニングで手に入れた物は、スピードでもスリルでも無く親友でした。
そして、たくさんの出会いと思い出を作ってくれたのも原付チューニングのおかげです。
そんな想いを、お客さんや読者さんにも味わって頂きたく、ブログを書いています。

私のチューニングはレース用では無く、エンジンや駆動系に優しい、
速くて長寿命なストリートチューニングです。
今日はそのチューニングの方向性についてです。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク