FC2ブログ

08月 « 2015年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ジャイロキャノピーのチューニング 4

2015年 09月04日 12:58 (金)

今日は午前中はキャノピーの納車、午後からは注文が来ているプーリー加工と
私のジャイロXのセッティング変更を行いました。

実は2stオイルを入れ替えたんです。
縦型エンジンのノーマフなら今までのワコーズ2CTで十分な性能だったんですが、
どうしても、シンセティックゾイル2stの性能をチェックしたくて変更しました。

よくレビューで見かけるのが、「添加剤を入れて変化を体感出来たかどうか?」です。
でも、私は体感出来なくても良いと思っています。
エンジンの性能を上げるのはチューニングで、オイルや添加剤は各部の消耗や
劣化を抑えるのが役割だと思っているからです。

現に腰下のオーバーホールをしていると、ゾイルを使用していたエンジンだけ
異様なほどベアリングが劣化していないんです。
今までのオーバーホールで一度だけ「これならベアリングを再利用しても全く問題無い」と
思ったことがあり、それがゾイル使用のエンジンだったんです。

問題はシリンダーの耐焼き付き性能ですね。
他社の分離・混合兼用と同等の性能があれば、文句無く買いです!
ポンプ増量無く使えて性能が同等で、2CTと同価格帯のオイルなら勧められますからね。

夏前に入れたオイルを抜く訳ですが、今回はこんなところから抜いてみました。

オイル抜き

ジャイロを乗っている方じゃないと分からないですよね。
金属パイプの手前です。
金属パイプは、やや上向きなので、ここならエア抜きは必要無いだろうって判断です。

オイルが落ちるまでの間、キャブレターのMJを110番から105番に変更しました。
慣らしを始めてから400km弱ですから、ジェッティングもいろいろ試して
ベストに近づけていきたいと思います。

そうそう、シンセティックゾイルってオイルの色が赤いんですよ。
今まで赤いオイルって使ったことが無いので、変な感じですね。

オイルの性能を高回転で試したいと思ってますので、出来ればハイパーリバイブを
入れたいんですが、エンジンカバーを外したくないんですよね~
誰かハイパーリバイブで、こういう風にエンジンカバーを加工すれば着くよ~って
知ってる方が居ましたら教えてくれませんか?

それでは、本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク