04月 « 2018年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

高知からジャイロキャノピー入庫

2018年 05月21日 03:32 (月)

今回はリンクサスとブレーキキャリパーのオーバーホールを書く予定でしたが、
old_kpさんが過去に日記で詳しく書いていました。
行った作業は全く同じでしたのでそちらを参考にしてください。

リンクサスのOH
ブレーキマスター・キャリパーのOH
ホイールベアリングのOH

今回のリード足装着で苦労したのはハンドル周りでした。
どう考えても純正のハンドルにリード90のブレーキマスターを取り付けるには
無理があります。
そこでアドレスV125のブレーキマスターを使うことにしました。
ヤフオクで入手したブレーキマスターをハンドルに合わせてみるとこんな感じ。

P_20180514_133231.jpg

マスターシリンダーがカウルステーにぶつかるまで入れて、武川のスロットルホルダーを
取付けた状態です。
その時にハンドルの余りを計ってみると9cm弱です。

P_20180514_133326.jpg

ジャイロのスロットルコーンの長さは11cm。
あと2cmは内側に入れたいですね。
そこで、ハンドルのカウルステーをサンダーで削って取り付けました。

P_20180518_115946.jpg

マスターシリンダーから出ているホースガイドも干渉したので下部も少し削ってあります。
ミラー取付けですが、ジャイロのミラーは8mmの正ネジです。
アドレスV125は10mmの正ネジで、そのままでは取付けできません。
10mm⇒8mm変換アダプタを購入して取り付けました。
上の写真はすでにアダプタが着いています。

そしてミラーの取り付け位置ですが、1.5cmほど純正より手前に成りました。
ミラーをオフセットしてズラすステーも販売されていますが、移動幅は3~4.5cmです。
今回は使わずに取り付け角などを工夫して違和感が無いようにしました。

V125のブレーキのストップランプ配線は2極カプラー式です。
ジャイロの配線を加工して平型端子で取り付けました。

P_20180518_120024.jpg

次に純正カウルの加工です。
カウルが浮かないように干渉する部分を少しづつリューター等で削りました。
実はこれが一番時間が掛かったw

P_20180518_153621.jpg

ミラーの取付け穴を拡大してズラしたのですが、テンプメーターで隠れて見えませんね。
それにしても汚いですね~  掃除しなきゃw

それでは本題です。-

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

ライブディオSRのオーバーホール&チューニングprat2

2018年 03月31日 19:18 (土)

お花見も兼ねて「タクトZXさん」とプチツーリングに行ってきました。
コースはこんな感じ

プチツー

来島海峡が見渡せる糸山公園が目的地です。
今治を1周する全行程が約120kmのコースです。
いや~温かくて、天気も良く最高のツーリング日和でした。

P_20180331_143503.jpg

糸山公園は雲一つ無い快晴の空が広がっていました。
土曜日ということもあり、たくさんのバイクがツーリングで来ていました。
桜も丁度満開で綺麗でしたよ~

P_20180331_145632.jpg

行く前にジャイロの前回の問題点を修正してプチツーリング望みました。
「タクトZXさん」はパワーアップしたマシーンの状態確認の為です。

私のジャイロは前回の問題点はほぼ解決。
気に成るのはアクセル3/4ほどで発生するチョイカブリですが、まあ良いでしょう。
今回は峠道が少ないことと高速道が無かったので前回よりも燃費が伸びました。
120kmで使った燃料が3ℓ弱ですから、40km/ℓオーバーです。

「タクトZXさん」は駆動系の熱ダレが出たので、今後の課題が見えてきたそうです。
ある程度の距離を走ると街乗りでは気付かない問題点が出てくるので
チューニングに役立ちます。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ライブディオSRのオーバーホール&チューニング

2018年 03月30日 19:32 (金)

まずはお知らせです。

好評いただきました「変速拡大済みセカンダリー」ですが、販売終了に成りました。
理由は仕様変更でセカンダリーシープのトルクカムピンの位置が、低く成ったためです。
今まではG´と同じロングピン仕様でしたので加工も容易でした。
ピンの高さが低く成っても加工は可能ですが、トルクカムの強度を落とさないために
より慎重な作業が必要に成ります。
今の料金では、そこまで出来ませんので一旦販売を終了することにしました。

そして新たに4月より商品が追加されます。
シンコーメタル製、高性能2stオイルです。
現在、多摩ピットで販売されている物と同じですが、
当店では1ℓと500mℓの2種類に成ります。
混合用で携帯する人や、お試しが出来るように500mℓも販売します。
価格は税別1ℓ2600円、500mℓ1500円です。

そして、ジャイロ用マロッシのスタートキットも準備できましたので販売します。
内容はマロッシボアアップキット、圧縮調整用ヘッドガスケットセット、
UPSクーリングファン、NGKパワーケーブルです。

スクーターの電装系で一番劣化が早いのがプラグコードです。
新品から5年ほどで徐々に劣化が始まり、20年も経てば電圧は半分程度まで
下がってしまいます。
ところが、ボアアップしても変える人は意外に少ないんですよ~
その上、社外CDIを入れれば火花はもっと弱く成ります。
こんな状態でキャブセッティングを行ったら、ガスが薄くてもカブってしまいます。
すると、オーナーさんはガスが濃いはずなのに焼付いた!って思ってしまう。
しっかりと、キャブセッティングするならプラグの火花も強くないといけませんので、
寿命が長く、高品質なNGKパワーケーブルをセットに加えることにしました。

そして、シリンダーはポン付け可能なライトチューニング済み。
価格は税別20,000円の予定です。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロキャノピー中期エンジンのレストア part2

2018年 01月30日 00:02 (火)

寒い日が続いていますね~
こう寒いと釣りに行く意欲もありません。
私は16才ぐらいからクロダイのウキフカセ釣りをやっています。
元々は東京の東部に住んでいて、千葉に釣りに行くことが多かったですね。

愛媛の松山に来てからは釣り場が近いので頻繁に釣りに行くように成ったのですが、
関東に居た頃とは釣りが全然違うんですよ。

首都圏は釣り人が多いので良いポイントには釣り人が集まるんです。
攻める範囲が狭くて自分の目の前で釣らないといけないわけです。
だから、いかに自分の前に魚を寄せて釣るか?が焦点に成るので
状況に応じての集魚剤のチョイスが上手いんです。

ところが、四国に来たら釣り人が少ないので良いポイントを独り占め出来ます。
集魚剤なんて殆ど気にしない。
左右に人が居ないので流して釣ることが出来るんです。
だから、いろんな釣法で攻めています。
全誘導、沈め、全層など、いろんな釣法が生まれたのも納得です。
そして、魚影も濃いので魚とのやり取りをする機会が多いので、
魚との駆け引きは圧倒的に上手い人が多いですね。

だから、首都圏で釣りをしている人が、こっちで釣りを数年したら地元の人にも
まず負けないですよ。
私も松山で釣りをするように成って3年経ちましたが、最初は糸を切られたり
竿を折られたりしましたが、今では55cmぐらいまでだったら問題無く
釣り上げられるように成りました。

現在のアベレージは45cmぐらい。
去年の下半期は松山だけで50cmオーバーの年無しが8枚という結果でした。
チヌ釣り大会にも参加させて頂いたのですが、3枚の総重量が6.5kgで優勝でした。
まあこれには釣りのスタイルやエサの使い方などが大きく変わったのもありますけどね。
釣り雑誌にも大きく写真が載ったようですが、私は観ていないんですよ~w

今後は釣りの記事も少しづつ書いていこうと思ってます。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

ジャイロキャノピー中期エンジンのレストア

2018年 01月25日 23:32 (木)

今回は久しぶりに本業のレストアの記事ですが、いまだにクランクベアリングからの
異音についての問い合わせが多い。
「腰下は異音が出てからだと手遅れです」と何度ブログに書いても
異音が出てからバイク屋さんに修理に出すんです。
腰下は異音が出たら、すでに80才のお年寄りですから腰下オーバーホールしても
数千kmで駄目に成るし、パワーも戻りません。

うちでも出来る限り新車時のパワーが出るように頑張っていますが、
で平均で新車時の8~9割ぐらいですかね?
今回レストアするジャイロキャノピーの中期エンジンも一度は廃棄を考えたエンジンです。
中期の純正クランクはすでに廃盤。
後期用のクランクを使うと駆動系とキックギア回りを後期の物に変えないと使えないって
情報もあります。

ヤフオクで観てみると、中古パーツは揃いますが良い値段です。
クランクと中古パーツ揃えるなら、程度の良い後期エンジンを買う方が安上がりだった。
ところが、後期エンジンは解体屋さんでバラして売る方向性に成っています。
そこで、今回のテーマは中期エンジンに後期クランクを安く入れる。
そして出来るだけパワーを新車状態に戻す。
これを目標にレストアを勧めていきたいと思います。

後半に続く

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク