06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

梅雨明けジャイロのメンテナンス

2018年 07月13日 01:32 (金)

週末の豪雨酷かったですね。
私の所も避難準備まで行きましたが、幸い無事でした。
私はこんな異常気象は今後も続くと思っています。
というより酷く成っていくのでは?

私の子供の頃は夏と言えば30℃超える程度でしたが、今は35℃超える猛暑日が
当たり前のように有ります。
昔は猛暑日なんて無かったんですよ。
今後は40度を超える日も出てくるのでは?って思ってますし、
今回以上の豪雨も有ると思います、

今は衛星からの気象データーで何分後に、どのくらいの雨量があるか?分かる時代です。
地震と違って予想が出来るのですから、事前に対策も立てられるはず。
今回の豪雨をきっかけに、国や市町村は対策を施し、個人は自分の住まいが
豪雨の時にどんな状況に成り、どう対処すべきか考えておくべきだと思います。

豪雨が去ると同時に梅雨も明けたのでジャイロで少し走ってきました。
あれ?セッティングしたばかりの駆動系の変速が変です。
タコメーターを見ていると変速回転が500~700rpmほど落ちています。
変速回転数が下がるってことは、変速が早く進んでしまっているということです。
きっと新しいトルクカムのフェイス角度にベルトが馴染んで変速し易く成ったのでしょう。

トルクカムが変わればフェイス面とベルトの当たりも変わるので、想定できたことですが
通常は200rpm程度なのに対して、今回のRRカムは500rpm以上。
トルクカムは立ち溝に成るほどセッティングがシビアに成ります。

そうそう!私は以前から使用しているシンコーメタル製の柔バネを使っています。
これは2stクレア用よりも柔らかく、縮めても硬く成らない特性の柔バネです。
多摩ピットのショッピングサイトには出ていませんが、これもすでに多摩ピットに
届いています。
欲しい方は直接問い合わせてみてくださいね。

今回のRRカムのインプレですが、私のマシーンの仕様ではこのバネを使うなら
KNトルクカムの直線やNYCトルクカムの直線の方が合っているようです。
トルクカムの溝形状は、パワーやエンジン特性、プーリー、センタースプリングによって
相性が異なりますから、自分のマシーンに合った物を探して使ってくださいね。
このRRカムは、今まで直線溝のトルクカムを使っていたが、変速後半でパワーが足りず
回転上がりを起こしていた、なんて車両にベストマッチしそうです。

そして、ここまでの立ち溝だとセッティングがシビアですから上級者向けの商品です。
中級者までの方は、新発売の柔バネに直線溝のトルクカムを合わせてみてください。
それで変速後半に回転上がりが出るならこのRRカムを試すようなステップが良いと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロXのフロント足回りをリード90に変更する

2018年 05月12日 17:58 (土)

まずはお知らせです。
シンコーメタル製の2stオイルですが、お試し価格で販売しております。
お客様からのレポートも頂き、「レスポンスが上がった」「高回転まで回るように成った」など
思った以上に高評価です。
今まで使っていたオイルもワコーズの2CTやヤマハの赤缶など性能が悪い物ではありません。
上記オイルからの変更で入れ替えで体感出来る評価を頂きました。

お試し期間は5月一杯を予定しております。
この機会に試してみてはいかがでしょうか?
6月からは多摩ピットと同じ価格での販売に成りますのでご了承宜しくお願いします。

ここからは本題です。
ヤフオクで購入したステムが曲がっていたのでリード90のステムに交換することにした訳ですが
ジャイロXの場合はリード90やライブディオZXのステムを利用して
ディスク化する人が多いと思います。

私個人的な意見ですが、ミニカー登録までならディオ足の方が良いと思います。
車重も軽いし、ステム本体の重さも全然違いますからね。
ただし、要加工です。
XにZXの金フォークを取り付ける

私のジャイロXの場合は釣りに行くのに荷物も積むし、ツーリングや高速走行も
するので安定性重視でリード足にすることにしました。
まずは購入したフロント部を組み立てて不具合が無いか確認します。

P_20180512_090139.jpg
P_20180512_090130.jpg
P_20180512_090105.jpg

ガタも無いし、今度はセンターもバッチリです。
今度はハンドル側の確認です。

P_20180512_090950.jpg

あらら!目一杯内側に寄せてもブレーキレバーが5cmほどはみ出してしまいます。

P_20180512_091002.jpg

バーハンに変えれば問題無いのですが、カウルのステーと干渉してしまい
ステーを削っても入りそうも無い。
そして、ミラーのステーも付いていないので、ハンドルには
ブレーキマスター、ミラーステー、ハンドルスイッチ、スロットルコーンの4つが必要です。
どう考えてもリード90のブレーキマスターは使えません。

そこでいろいろ調べた結果アドレスV125のマスターと武川のスイッチ付スロットルコーンを
使うことにしました。
V125のマスターシリンダーは縦置きなのでカウルステーに目一杯寄せられますし
ミラーステーも付いている。
そして、武川のスロットルコーンは薄型ですから何とか成るでしょう。

後半に続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

スリミを終えて帰還

2018年 05月08日 12:45 (火)

スリーターミーティング行ってきました!
前夜祭から参加させて頂き楽しんでしまいました。
スリミの様子は他の方が、ブログやフェイスブックで書いてくれると
思いますので割愛しますね。

片道は陸路で行く予定でしたが、私のジャイロは組み上げただけで点検・メンテナンスも
行っていない状態でしたので往復フェリーに変更しました。
それでも徳島のフェリーターミナルまでは片道200km弱あるので心配です。
案の定、車両はトラブル続きでしたよ。
トラブルについては後半に書きますね。

P_20180424_124612.jpg

徳島駅に着いたのは朝の8時。
フェリーは翌日の11:30の便です。
事前の週間天気予報では25日が大荒れという予報だったので、24日に徳島に着いて
1泊して25日にはフェリーターミナルまでの短い距離を走行する予定だったんです。
ところが、出発前の天気予報は24日大荒れに前倒しに成っていました。
だから雨が降りだす前の深夜に出発したんです。

これなら24日のフェリーに十分間に合いますが
徳島の宿を当日キャンセルしないといけません。
50%のキャンセル料金は痛いし、神奈川でも1日宿無しで路頭に迷うことに成ります。
そこで、ホテルチェックインまでの7時間を徳島駅周辺を探索しましたよ。

P_20180425_085705.jpg

徳島での宿泊はいつものネクセルです。
完全個室でネット予約をすると3000円程度で泊まれます。
ところがジャイロを駐車する所が無い。
近くの24時間駐車場に交渉して一晩1800円で止めてもらえることに成りました。
でも原チャで1日1800円は高いですね~
せっかく宿代が節約できても意味が無いです。
次回からは徳島では泊まらないで行くプランを立てようと思います。

P_20180425_095050.jpg

ほら、良い天気でしょ!
今回は事故と天気に翻弄されましたよ。
行きのフェリーは「しまんと」
この東九フェリーは2~3年前に4隻の新しい船に入れ替えたんです。

P_20180425_101427.jpg

ちなみに帰りは「びざん」でした。
私は前のフェリーの方が好きでしたね。
安い二等船室は広いフロアーに雑魚寝する形でツーリングライダーの情報交換場所でした。
でも、今の船室はこんな感じ。

P_20180425_143857.jpg
P_20180505_170721.jpg

カプセルホテルみたいに成っているのでプライバシーは保たれますが、
フェリーに乗った気分じゃないんです。

P_20180425_144325.jpg

食堂も今は冷凍食品の自販機が並んでいるだけ。
前は店舗だったのに人員とコスト削減のために変わったんです。

P_20180425_144351.jpg

船内の大型モニターには航海GPS画像が表示されていて現在地や速度などが
観られるように成っています。
フェリーの速度は19.5knぐらいでした。
単位はノットなので、knをkmに直すと36km/hぐらいかな?

神奈川での宿泊は去年と同じ淵野辺のリブマックスです。

P_20180426_142742.jpg

4月26日~5月5日の9日間(1日はスリミでサーキット泊)で4万円。
ゴールデンウィーク中ということを考えるとかなり安く上がったのでは?
淵野辺にはバイク専用駐輪場があるので意外と便利です。
シンコーメタルまでは10kmちょっと、母親の介護施設や父の眠る墓苑までも
同じぐらいの距離なんです。

松山を出発したのが4月24日、帰ってきたのが5月6日ですので
12泊13日と長く成ってしまいましたが、私用とお客様の車両を診たりしたので
かなり慌しい滞在でした。
暇を見つけては松山には無い「2りんかん」や「ナップス」を観て回りましたよ。

P_20180426_101741.jpg
P_20180426_115229.jpg

オリンピックが近づいているせいかホテルが取りづらく成っていますが、
来年も行けたら良いですね。

後半に続く

続きを読む

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

スリミに向けて

2018年 04月19日 00:25 (木)

スリーターミーティイングまで、もう僅かに成りました。
私も23~24日には松山を出発する予定です。
松山に帰ってくるのは5月5日頃だと思います。
その間、作業はもちろん、メールの返信も出来ませんのでご了承願います。
急ぎの方や会いに来ていただける方は直接電話くださいね。

そして、お知らせです。
当店のショッピングサイトはFC2を利用しています。
注文や入金、発送時には自動でメールが送られるように成っておりますが、
一部のドメインで届かないことが多発しております。

iCloud.comを含む、Apple系(mac.com、me.com、icould.comなど)のメールアドレスです。
配信すると、迷惑メールでもないのにApple側で迷惑判定されてしまうためです。
原因はURLやメールアドレスが本文に記載されているとApple側の仕様により、
自動迷惑メールフィルタリングでスパム判断されてしまうためです。
PCでは対策出来るようですが、iPhone(スマホ)やiPad(タブレット)を
ご利用の場合はGmailなどのフリーメールの使用をお願いします。

そうそう!販売予定のマロッシボアアップスタートキットですが、用意は出来ていますので
ゴールデンウイーク明けにショッピングサイトのアップする予定です。

え~私のジャイロですが、4月18日現在でこんな感じです。

P_20180412_154900.jpg

ここまでバラしたのですが、新しいフレームが届いていないので作業をストップしてます。
ディーラーも他の部品のように簡単に出してくれないんですよ。
特に今回はゴールデンウィーク明けにフレームナンバーを打穀するので
車体番号無しのフレームですので、許可が下りない。
結局、間に入ってくれたバイク屋さんが誓約書を書くことで何とか成りそうです。
週末に間に合えばスリミにも自走で行けると思うのですが・・・・・

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

スリミに向けて暗雲 2

2018年 04月14日 01:08 (土)

前回のブログで過失割合が解かりづらいようでしたので
改めて少し書きたいと思います。

事故状況

実際の現場をGoogleMAPから切り出して説明しますね。
事故当時は夜間でしたが、写真は日中の物を使っています。
青が私のジャイロ、赤が軽自動車、黄色が乗用車です。

事故衝突

衝突時の状況です。
私の走行車線を塞ぐ形で出て来たので乗用車のフロント部分に突っ込んで
しまった訳です。
ブレーキをコントロールしながら軽自動車にぶつかれば、十分に速度を落とせず
今頃は病院のベッドの上だったと思います。

無意識にハンドルを右に切りながらのブレーキングで転倒して衝突まで
距離がある乗用車にぶつかったことで軽傷で済みました。

そして、保険会社から出された過失割合は過去の判例に習って90:10と
決められたようです。
保険会社の言い分としては、双方が動いている限り100:0の割合には成らないとのことです。
これが、現実にまかり通っているわけですが、本当は違います。

行政書士事務所のホームページで「交通事故オンライン」というのがあります。
これを観ると「幹線道路」が事故現場だった場合、Aに-5と成っています。
ですので、9.5 : 0.5ですよね。

ここで、一番上の写真を観てください。
公道を走行するには走行の優先順位が決まっています。
その優先順位から過失割合も決められますから、優先順位は重要ですよね。
写真の場合、青が優先順位は1位、黄色が2位、赤は3位です。
仮に私が居なくても、黄色の乗用車が右折で駐車場に入庫してから
赤の軽自動車は出庫しなくてはいけません。
このケースでは歩道の手前で黄色の乗用車を待たなければいけません。

つまり、赤の軽自動車は黄色の優先車両と青の優先車両の両方を見落として
車を運転したことに成ります。
これは「Bの著しい過失の場合」にあたると私は思うのですが、どうでしょう?
私の考え方が正しいとすればAに-10と成っています。
つまり、今回の事故は私の過失は悪くて0.5、過失無しも考えられます。
皆さんはどう思います?

今回の事故を担当した保険会社ですが、普通は伏字を使うところですが
今回は実名で書かせてもらいます。
「あいおいニッセイ同和損害保険」で当店のURLも知っています。
つまり、このブログも観ていますからね。

この保険会社には失望したところが他にあります。
事故当時、私の車両は自走が不可能でレッカーが必要でした。
私は近所にちょっと買い物に出たので携帯電話を持って来ていませんでした。
そこで、保険会社に電話している当事者にレッカーを頼んで欲しいと要請したんです。
ところが、この保険会社の事故担当は「加入者の車両では無いのでレッカーは要請できない」
とのこと。

こんな保険会社は初めてですよ。
通常は、「当方の保険適用外に成りますが・・・・」と言う形で近くのレッカー会社を
紹介してくれたり、当事者の代わりに電話してくれるのが普通です。
前回書いたように軽自動車の女性は免許を取ったばかりですから、レッカーを
断られた時には震えていて、今にも泣きだしそうでした。

結局、負傷している私と18歳の女の子、その母親の3人で100kg以上あるジャイロを
担いで私の家まで運んだんです。
ところがですよ、後日ジャイロの損害状況を観に来た保険会社の担当者は
「この車両じゃ動かせませんけど、レッカー呼んだんですか?」だって。
この言葉を聞いて「最低な保険会社だな」って思いましたよ。

後半に続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク