10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

走行動画比較

2017年 10月30日 17:00 (月)

なぜか今年の台風は必ず週末に来る気がします。
おかげで釣りにも行けないです。
釣りもバイクも考え方が似ている点が多いんです。
どちらも楽しむためには安全が最優先です。

ところが、勘違いしている部分も多い気がします。
たとえば、原付のチューニングをするとスピードレンジが上がります。
ブレーキやサスペンションなど足回りを強化するのは良いのですが、
ブレーキー練習はする人が少ないんです。
皆さんは高速域でパニックブレーキを掛けた時に車両がどんな挙動をするのか、
体感していますか?

私のジャイロは60km/h以上ではフロントがロックすると転ぶ危険が増すので
タイヤも変えましたし、サスも交換しました。
今は80km/hからのブレーキロックでも車体は横に流れますが、転倒はしません。
ジャイロはエンジンのバランスの関係で必ずリアが右に出るんです。

釣りも同じでライフジャケットを身に着ける人が増えました。
ところが、万一海に落ちた時にどうするか?考えていない人が多いんです。
ライフジャケットが有るから大丈夫は、ブレーキを強化したから大丈夫と一緒で
ライフジャケットの3倍以上の浮力があるボードを持ったサーファーでも時には命を落とします。
釣り場に入ったら落ちた時の対処を頭に入れてから釣りを始めることが大事なんですね。

よくニュースで観るのが、子供が海に落ちて父親が助けに飛び込んだが、
親子共に亡くなるケースです。
泳げない方は、まず飛び込んだりしません。
泳げる父親が何故、亡くなってしまったのか?
亡くなった方の殆どが、積んであるテトラポットから上がろうとした結果なんです。

サーファーの方はご存じだと思いますが、テトラは高波を止めるものであって
潮はテトラの中を流れるんです。
その流れは強力でライフジャケット程度の浮力では簡単に吸い込まれてしまいます。
でも、釣り人は意外に知らない人が多いんですね。

バイクでも釣りでも、原理を知ることは大事だと思います。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロ低圧縮でのセッティング2

2017年 10月14日 04:47 (土)

本題に入る前にお知らせです。
整備やチューニングに関する質問が増えています。
私も出来るだけ多くの方に2stスクーターを楽しんで頂くために
判る範囲で答えていきたいと考えていますが、ブログのコメント欄に書くのでは無く
質問ののために用意してある、掲示板を使用して頂きたいと思います。
掲示板はリンク集の中にある「2st原付スクーター掲示板」です。

久しぶりに時間が取れたのでジャイロの慣らしで120kmほど走ってきました。
一般道を120km走るには、4時間前後は走らないといけないので
少し着込んで家を出ましたが、そんな心配は無用でした。
逆に暑いぐらいでしたよ。

今回のエンジンは新しい68マロのテストの為に仕様ですが、考えていた物と
違う物に成る可能性が出てきてしまいました。
というのも、予想していたよりもパワーがあるんです。
今まで着けていた75マロは駆動系の構成こそ違いますが、二次圧縮8kg/㎠で組んだ時には
こんなに走らなかったんです。
つまり、今まで着いていた75マロよりパワーが有るかも知れない・・・・・

というのも、慣らしが中盤に掛かってきたので、一度だけフルスロットルで
パワーバンドに入れてみたんです。そしたら・・・・

P_20171010_220807.jpg

カーボンリードバルブが、ぶっ飛びました。
以前、高速を1時間走行した時のリードバルブなので傷んでいた可能性はありますが、
こんなぶっ飛び方は初めてです。
今は樹脂製に戻して様子を見ていますが、折を見て新品のカーボンリードに変えて
再度テストする予定です。

念のため腰下もチェックしてみましたが問題無し。
以前、動画で観ていただいたように燃えてしまったと思われます。

慣らしが終わり二次圧縮8kg/㎠のセッティングを煮詰めた後は
中上級者向けの10kg/㎠まで上げてエンジンを仕上げる予定でしたが、
このパワーだとスモールエンドベアリングが持たない可能性が出てきました。

ジャイロ純正のスモールエンドベアリングの限界って実は試したことがありません。
昔から行ってきたディオ系のスモールエンドベアリングは12mmピン用ですし、
高圧縮チューニングが出来るように成ったのはここ2~3年ですからね。

一応、二次圧縮10kg/㎠まで試してみますが、エンドベアリングが持たなかったら
シリンダーをデチューンするか、強化ベアリングを入れるかのどちらかに成ります。
デチューンするのは簡単ですが、皆さんが嫌がるかな?
強化ベアリングを使うならベアリングを別途に発注して、ピストンも加工する必要があります。

P_20171010_215404.jpg

今まで使っていた75マロの強化ワイドベアリングと68マロのピストンを合わせてみました。
ベアリングの幅が広いので無加工では入らないことが判りますよね。
もし、強化ベアリングを入れるならベアリング装着部を広げる加工が必要に成ります。
う~ん、考えてしまいますね。

そして車両の方ですが、峠を走った時に怖かったです。
やはり取付けたモンキーサスが硬いんですね。
路面が荒れているとフロントタイヤが跳ねます。
それがコーナーリング中だったら外側に持って行かれます。
ハイグリップタイヤなので転倒することはありませんが、運転中に冷汗は掻きたく無いので
片方のスプリングを抜くことにしました。

P_20171012_134506.jpg

これでも、まだ純正よりも硬いですね。
リアサスはドライバーの体重+車体の重さも加わりますからフロントに使うなら
スプリングは片方抜かないと駄目ですね。
手頃な柔バネがあれば交換するのですが・・・・・

後半に続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロ低圧縮でのセッティング

2017年 10月07日 17:42 (土)

新しい仕様のエンジンですが、ここのところ天気が悪く、あまり走行出来ていませんが
それでも150kmほど走り、初期当たりは着いた頃ですのでセッティングを
始めることにしました。

予定としては慣らしが終了する500~700kmまでは二次圧縮8kg/㎠の
初中級者向けのセッティング。
その後は10kg/㎠に上げて上級者向けのセッティングで車両を仕上げていきたいと思います。

本題に入る前に2年ほど使用していたタコメーターが壊れたので購入することにしました。
壊れたのは本体のみですので、同じ物を購入すれば配線がそのまま使えます。
でも、私の使っているデイトナのHGのデジタコは良い値段するんですよね~

そこで、amazonを利用することにしました。
実はamazonって、商品の値段はコンピューターで管理されていて、人気のある商品は
価格が高く、売れない商品は安くプログラムで自動で変更されて、ちょっとした癖があるんです。
その癖を利用するとかなり安く購入することが出来ます。
(あぁ~限定記事で書くんだったかな?)

たとえば、同じ商品の色違いやサイズ違いで価格が変わっているの知ってますか?
一般の商店では有りえませんが、amazonでは日常茶飯事です。
人気の色やサイズは高いんですね。
逆に人気の無い物は安く成っていく。
この安く成っていく物には条件があるんです。

在庫数が少なく成り、人気が無いとかなり安く成ります。
そして、ショッピングカートに入れてあるのに購入しないと
購買意欲を煽るために価格が自動的に下がるんです。

そこで、在庫数が減るのを待って、カートに入れっぱなしにしておきました。

デイトナデジタコ

コンピューターのプログラムが働いて、ここまで安く成ったので購入しました。
ちなみに他店の実売価格は10000円前後ですから、その差は大きいですよね。
ついでにステップボードとインナーバスケットも買っちゃいました。

インナーバスケットは純正なので簡単に着きましたが、ステップボードは
取付けボルトはおろか穴も開いてません。
取りあえず、置いて合わせてみました。

P_20171005_122722.jpg

ネットで調べてみると3種類ぐらい取付け方法があるようです。
長く成りそうなので次回記事で書きますね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロ慣らしの途中経過

2017年 09月27日 12:19 (水)

秋の交通安全運動が始まったんですね。
私もヘルメットを被ってジャイロの慣らし中ですが、
お決まりのネズミ取りに遭遇しました。
今回は車列の真ん中ぐらいを走行していたら赤棒を持ったお巡りさんが出てきました。
明らかに私に向かって「おいでおいで」しています。
今回は無視してそのまま走り去りました。

もちろん、すぐに白いオートバイが赤灯を回して追いかけてきました。
私の隣を並走して左手で道路わきに止めるよう指示?
もちろん、指示に従いました。

何で止まらなかったのか聞かれ、「毎回、数km/hオーバーで捕まっていたら
点数が幾ら有っても足りない」って正直に答えましたよ。
取りあえず免許証と登録証を確認させてくれとのこと。
でも、ろくに見ないで返されました。
お巡りさんもナンバーで軽二輪と判ってマイクでの呼びかけとサイレンを
止めたみたいです。

もちろん、無罪放免。
ミニカーや軽二輪は止まらずに走った方が良いかも知れません。
逃げちゃ駄目ですよ。無視するだけですw

本題に入る前に、前回のブログの内容について問い合わせが有ったので
少し書きますね。

まず、ホイールとタイヤですが、私のジャイロにはダグラスのブルーラベル8インチ6Jに
ケンダの165/65-8のタイヤが入っています。
これは4穴ですので、6穴のジャイロにはポン付け出来ません。
社外のPCD110に変換できるスペーサーが必要です。

自社で穴あけしてポン付け可能で販売している業者もあるようですが、
センターが出ていない物も多いので必ず問い合わせてから購入した方が
良いと思います。
センターが出ていない場合、60km/h程度でもタイヤがブレますので注意してください。
同じように中華や台湾製の物は精度やバランスが悪いので、避けた方が良いかも。

タイヤですが国産には合うタイヤが無いので、DUROやケンダ等の海外製品を使います。
注意点は、ターフやホールなどの名称がついているタイヤはゴルフカート用のタイヤです。
20km/h程度でゴルフ場内を走行するように作られていますから、
バランスや強度は悪く、法律で公道走行が禁止されています。
購入しないようにしてくださいね。

次に掃気ポートの吹き出し角度の変更についてですが、メチャクチャ効果ありました。
仕上がればゼロ発進は前の75マロエンジンより速いかも。
機会があればSS1/32で計測してみたいですね。
詳しくは、そのうち限定記事で書きたいと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロXのエンジン載せ替え

2017年 09月26日 03:59 (火)

涼しく成ったので質問のメールや電話が増えてきています。
日中は作業しているので電話には殆ど出られません。
電話の場合は、風呂に入ってご飯を食べた後がゆっくり話せます。
メールの返事で寝るのは深夜ですので、遅い時間でも大丈夫ですよ。

問い合わせが一番多いのはジャイロの駆動系。
ブログを読んでいるけど同じように成らないとのこと。
でも、聞いてみるとLカバーの中だけなんです。

エンジンで作られたパワーは回転運動に変えられて車体を前に進めます。
つまり、回転運動するパーツは殆ど駆動系ってことです。
(例外はフライホイールぐらいかな?)
ですので、ピストンピンに着いているスモールエンドベアリングからタイヤまで
全て駆動系ってことです。
駆動系のフリクションロスを低減化するにはクランクからタイヤまで
見直す必要があるわけです。

チューニング技術の向上で2個一エンジンを含めてジャイロで90km/hオーバーで
走れる車両は結構あります。
ところが、80km/hで巡航できる車両は僅かです。
それは駆動系のフリクションロスの差です。

ジャイロはギアボックス内が複雑で駆動輪が2つですからギアボックスとタイヤによる
フリクションロスが他の車種よりも大きい。
このフリクションロスをいかに低減するかがジャイロ駆動系チューニングの課題です。

たとえばold_kpさんのブログで高速走行した3台。
old_kpさんのXはモンキーホイール?キューピーさんのも同等の太さのタイヤです。
斉藤さんのスタイロだけ太いタイヤですが、私のジャイロXと同じホイールで
タイヤも銘柄は違いますが同じサイズなんです。

つまり、駆動系が熱ダレしないで高速を巡航出来るギリギリの太さが
私のジャイロに着いているサイズなんですよ。
それでもモンキーホイールよりフリクションロスが大きいので
それを少しでもカバーするためにギアボックス内に気を使っているんです。

エンジンチューニングでパワーが上がっても、プーリーやベルトは原付ですので
熱ダレしやすく成ります。
この熱ダレを押さえられないと高速巡航は難しいです。

そして、もう一つは燃費です。
高速は給油がサービスエリア(SA)しか行えません。
SAは約100kmごとに有りますので、5ℓタンクのジャイロXは最低20km/ℓ以上の
燃費じゃないと走れないんです。

つまり、パワー、駆動系のフリクションロス、燃費を備えた車両のみ高速巡航が可能です。
街乗りでタイヤを太くしている人は、高速巡航は難しいですが、他の工夫をすることで
熱ダレを最小限に抑えることは出来ると思います。
記事後半ではエンジンの載せ替えをやりますが、今回は余分な冷却はしていないんです。
クーリングファンは純正だし、Lカバーには冷却用の穴あけなどしていません。
これで行けるかどうかはまだ判りませんが、どうなるのか楽しみです。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク