FC2ブログ

03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ジャイロの箱根越え

2019年 05月26日 15:45 (日)

ここ1年ほど68ccのマロッシシリンダーを装着していましたが、
今年はロングツーリングを主体にデータ取りをしたいので
久しぶりに75マロを装着しました。

と言っても今回取った1500kmの結果と比較したい部分もあるので
68マロにポートの高さ(クランク角)を近づけるため、ベースガスケットは
2mm、ヘッドガスケットはデータ取りを行った68マロと同じ11kg/㎠に成るよう
調節しました。

P_20190524_130137.jpg

写真では9kg/㎠弱を指していますが、装着しているヘッドはロングリーチプラグヘッドで
計測しているコンプレッションゲージはショートプラグ用なので2kg/㎠低く表示されます。

普通に取り付けた場合、68マロよりも75マロの方がツーリング燃費が良いんです。
これはポートの高さが低いからです。
ポートが低いと1回の爆発でピストンを押し下げている時間が長く成ります。
1回の爆発で、より大きなエネルギーを出せているので排気量が上がっても
燃費が良く成るんです。

昔のチューニングはポート加工っていうと排気ポートを上げるのが主体でした。
でも、1回の爆発でピストンを押している時間が減るので燃費が悪く成ります。
じゃ~下げれば良いんじゃん!って考え方に成るのですが、ポートを下げると
高回転が回らなくなって最高速が落ちるんです。
だから、ポートを下げても高回転が回るようにするのが現代チューニングですね。

ベルトは新品に交換し、クラッチのセッティングを行いました。
ステージ6のクラッチが破壊されてしまったので、KNの補修用を使っていたのですが
クラッチインのエンジン回転数が5000rpm強、クラッチミートが6500rpmぐらいなんです。
乗った感じでは4000rpm前後でクラッチインして5000rpmぐらいでミートするように
セッティングしたいと思いました。

主にクラッチインの回転数を決めるのはクラッチスプリングです。
そして、クラッチシューはクラッチインからミートまでの長さ、
つまり半クラッチの長さを決めます。
通常クラッチシューは重いほど半クラが短いのですが、このクラッチは
喰いつきがイマイチで半クラが長いんです。
ブレーキーシューと同じでシューの材質によってもクラッチの効きが違います。

P_20190524_114159.jpg

今回はクラッチスプリングを柔らかくして、クラッチシューを削って
面積を落した物に交換しました。
クラッチベルに当たるシューの面積を小さくすることで面圧を上げて
半クラッチを短くしたんです。

P_20190524_112941.jpg

そして、エアクリBOXの筒の長さを20cmにしました。
1500kmのデーター取りの時は30cmです。
クーリングファンからの吸気が安定するように容量を大きめに取ったんです。
ちなみに去年、40km/Lの燃費を記録した時は25cmでした。
これで、セッティングや燃費、走りにどう影響があるのか?データを取ります。

吸気口ですが、今回はかなり絞っています。

P_20190524_125605.jpg

3つを残して塞ぎました。
供給される空気は純正+αってところです。
1500kmツーリングの時は2つ塞いで5個の吸気でした。

キャブセッティングを行うとスロージェットは変えるほどの必要は無く
パイロットスクリューを回しての微調整で済んだのですが、メインジェット(以下MJ)が
10番以上下がりました。
これだけ空気を絞ったので、腰上の温度上昇が心配でしたが意外なことに
前回よりも温度が低い。
それにセッティングも出しやすいんです。
ただし、発進加速は遅くなりました。
後は巡航や高速域での走行ですね。

今のところ判っているのはキャブレターは、気圧とイコールもしくは負圧でないと動作しない。
発進加速は直キャブやファンネルのように外気圧とイコールの方が速い。
エアクリBOXを使いキャブに送る空気が大気圧より低いと腰上の温度は安定する。
高速での巡航もエアクリBOXの方が安定して、燃費も良い。
まだまだありますが、BOXの容量と負圧はやってみないと判らないことが
沢山あると思いますので、断言するにはもう少し掛かりそうです。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

二輪車とジャイロの違い

2019年 02月06日 14:09 (水)

いや~ブログをだいぶサボっていました。
書きたいことは沢山有るんですけど、どうにも筆が重い。
時代も変わってきています。
ブログは少なく成ってツイッターやフェイスブックが主流ですからね。

そこで私も考えました。
これからは趣味のチューニングなんかはフェイスブックに書くことにして
ブログはレストアオンリーにしようかな?なんて。
ブログは観に来てくれた人オンリーですが、フェイスブックなら興味がある人には
届けることが出来る???みたいな感じですかね?
詳しく知らないのですが、今から勉強してフェイスブックを始める予定です。

そうそう!限定記事に書いてあるような普通は書けないことは
引き続き限定記事を使う予定です。

相変わらずメールでジャイロについての質問も多いです。
分かることや出来ることについてはお答えしますが、無理なことも有りますので
ご理解いただければと思います。

「チューニングしないでミニカー登録のキャノピーで60km/h巡航できるようにしたい」
こんな質問も多いんです。
でもね、2stのキャノピーは新車でも最高速は殆ど60km/h出ないんです。
60km/h出れば当たりエンジンです。
オーバーホールだけで巡航60km/hは・・・・・・
気持ちは解りますよ。ミニカー登録したのですから。
フルノーマルのエンジンは最高速50km/hオーバー、巡航40km/hが普通なんです。

チューニング=改造って考えている人が多いのですが、チューニングは主に調整です。
ハッキリ言って日本人はチューニングには向いていません。
日本製の物はチューニング無しで普通に使える商品が当たり前だからです。
海外では違います。
買ってきてチューニングしないと使えない商品が普通にあります。

たとえば中国や韓国の人が日本に海外旅行で来ました。
お土産にSONYのテレビを買って帰りました。
もちろん電源の電圧は違いますし、チャンネルもその国の放送局に合わせて
変える必要があります。
これがチューニングです。
昔はこれを中国人や韓国人は個人で工夫して行っていました。
今は電圧を変えるインバーターやチャンネルを調整してくれるお店もあるようです。

日本ではそんなことは有りえませんよね。
テレビを買ってきてコンセントにプラグを刺してアンテナ線を繋げれば写りますし
写らなければ返品するでしょ。
自分で調整してみよう!なんて言う人は皆無です。
だから、チューニングするって言う意識は日本人には無いんです。
社外パーツに交換する=チューニングが日本人の殆どの考えだと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

各部のチューニング

2018年 12月18日 13:36 (火)

私のジャイロXのフロントにはリード90のフォークが着いているのですが
最近乗り心地が悪い。
そこで、流用出来るサスに交換することにしました。

見つけたサスはToday用のリアサス。
アマゾンで1本1,040円でした。

TODAYサス

決め手は商品レビューです。
「社外のリアサスにしては柔らか過ぎ」って評価が多かったんです。
この手のリアサスは1本で車重とドライバーの体重を支えるわけですから
フロントに使うとガチガチに硬いんです。
だから少しでも柔らかいサスを探すんです。
そして、2本買っても2,000円ちょっとですからね。

届いたサスを比べてみます。

P_20181216_094651.jpg

長さは5mmほど長いですね。

P_20181216_094702.jpg

上部のボルトカラーの大きさが違います。
幸いブッシュの大きさが同じだったので、純正のブッシュとカラーを移植すればOK。

P_20181216_094722.jpg

下部の取付け部は広く見えますが、開いているだけです。
ボルトを締めれば問題無いのでワッシャー等の必要もありません。
ただ、純正のボルトを使うのであれば、外側のボルト穴の口径が違います。

P_20181216_094713.jpg

計ってみると純正は12Φでしたので12mmのドリルで揉んで広げました。
加工はこれだけで着きます。

P_20181216_105139.jpg

2000円でお手軽チューンが出来ました。
ちなみに反対側はスプリングを抜いて装着しました。
乗り心地は思ったほど硬く無くて丁度良いですね。

それでは本題です。

続きを読む

プーリーのメンテナンスと遅れた焼き付きテスト

2018年 09月27日 23:53 (木)

やっと気温も下がってきて快適に成ってきましたね。
オイルとガソリンの進歩で混合ガソリンが以前よりも簡単に出来るように成ったので
混合仕様の記事を書くことも多くなってきました。

もちろん、デメリットもありますよ。
オイルポンプのワイヤーを戻す力が加わらないのでアクセルの戻りが悪く成ってしまう。
新たにアクセルワイヤーを製作すれば問題ありませんが、他に方法が無いのか?
見つけました。

P_20180920_151457.jpg

左がキャブレターのスプリング、右はジャイロのリアブレーキのスプリングです。
長さは少し短いのですが、径はほぼ一緒なので使えるはずです。
テストしていないので耐久性は未知数ですが、新品を買っても数百円です。
純正部品はバイク屋さんで購入出来ますから試してみてください。

相変わらず質問メールが多いのですが、専用に用意した掲示板は書き込みが少ないので
近々廃止しようと考えています。
皆さんの質問内容ですが、殆どが過去にブログで対処法などを書いています。
ブログに限らず、文字では100のことを100伝えることは出来ません。
せいぜい10~30ぐらいかな?
後は皆さんの読解力です。

小学校の国語の教科書を思い出してみてください。
読むだけなら半日あれば読み終わります。
それを学校では1年掛けて、漢字を覚え、文面から隠れた筆者が伝えたいことを
読み取っていく訳です。

私はブログで出来るだけ細かく書くようにしていますが、それでもしっかり読まないと
理解出来ないのが文章です。
たとえば、oldkpさんの最新のブログで「ディオキャブは燃料通路が狭い」と書いています。
私のブログでは対処法を書きましたね。

8月30日の記事です。
記事の前半では動画を2つも用意し、写真を2枚も使って燃料通路の確保方法を書きました。
長年の使用でキャブレターにはガソリンの不純物が層を作ります。
100分の数ミリ程度ですが、供給される燃料はかなり減ってしまいます。
各ジェット類も同様です。
実はライブディオの焼き付き原因の8割がこのガソリンの不純物と
オイルポンプオイルシールの劣化によるものなんです。

これに気づかず、ジャイロにディオキャブを取り付けて焼き付きを起こす人も物凄く多い。
何度キャブセッティングをしても焼付いてしまう人は大体ディオキャブが着いているんです。
ここまで書けば中学生でも理解出来ると思いますが、いったいこのブログを読んで
何人の人が実行するでしょうか?
まず、やらないです。

以前、プーリーの最大変速比を計る記事を書きました。
しっかり自分でもやってみれば、販売している大口径チューニングプーリーの
変速比と今回のやんちゃプーリーの変速比が異なることも、すぐに気が付くはずです。
でも、気が付いて疑問を持ったのはコメントしてくれた人、1人でした。

メールは一人の方とやり取りですが、ブログは一度で多くの人に伝えられます。
ですが、せっかく何時間も掛けて記事を書いても週刊マガジンのように読まれては
伝わるのは雰囲気だけに成ってしまいます。
そこで最近はブログの更新頻度を1/3程度に減らしています。
ご理解頂ければと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

松山観光

2018年 03月02日 23:11 (金)

今日は久々のOFF
キャブセッティングと言う名の釣りに行ってきました。

2月の後半から暖かく成ってきましたが、海はまだ冬です。
水温がかなり低く魚の活性は最悪です。
気温と海水温は2カ月ぐらいタイムラグがあります。
気温は1月~2月が一番低い時期ですが、海水温は3月~4月が低いんです。

そんな中での釣りなので魚の当たりが有るのは1日に1~2回です。
それでも何とか1枚釣り上げました。

180302_103619.jpg

メジャーが少しヅレてしまいました。
55cmぐらいですね。
今の㊙エサに変えてからアベレージサイズがかなり上がって45cmぐらいです。
一番小さいのは38cmぐらい。
つまり大きな魚しか釣れないんです。

元々は黒鯛會会長のジャパンカップ2連覇のために半年かけて研究してきたのですが・・・・
仕方ないのでメーカーの開発担当と市販を目指して煮詰めていたところです。
ところが、意外なところから「待った」が掛かり、市販できなくなりそうなんです。
「大きな個体を選んで釣るのは環境保護に不適切」ですって。

肝心のキャブセッティングですが、今の状態は気持ち薄い。
そして、点火時期が早いのが影響してデトネぎみです。
ヘッド温度も慣らし中なのに190度を超えました。
次はガソリンをレギュラーからハイオクに変えてリセッティングですね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク