FC2ブログ

06月 « 2019年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

サービスマニュアルに頼らないメンテナンス

2019年 04月17日 20:19 (水)

本題に入る前にチョコっと宣伝です。
いつもお世話になっているシンコーメタルさんの代理店が増えました。
ジャイロベース越後屋」さんです。
たまにブログコメントを頂く「ぇっちんさん」のお店です。
本業は酒屋さんで日本全国のお酒を販売しています。
多摩ピットでは販売していないパーツも取り扱っているそうです。

越後屋
(写真はGoogleMapより)

新元号「令和」に決まりましたね。
昭和生まれの私はそれだけ齢を感じますが、せっかくの新元号ですので
私も今年は新しい試みをしてみたいと思っています。
この新元号は5月1日からですので、今月行われる「スリーターミーティング」は
平成最後のスリミに成ります。

私のジャイロは普段は街乗り用にチューニングしてあります。
今回は帰りのフェリーが取れなかったので1500kmぐらいは走行しないといけません。
多い日には1日300kmぐらい走ると思いますのでノーメンテで帰って来られるように
変更しました。

何を変更したのか?というと、主に吸気系です。
今まではPWKタイプのキャブレターにファンネルの組み合わせでした。
それをPEキャブレターにエアクリBOXの組み合わせに変更しました。

PWKタイプのキャブレターはレスポンスが良いキャブレターです。
発進加速が良いので街乗りには最適なんです。
でもセッティングが難しく、高回転域で焼き付きを起こす人も多いです。
PEキャブはフラットな特性のキャブレターです。
純正キャブのようにセッティングが出来ますし、安心感がありますね。

組み合わせるエアクリーンシステムですが、大きく分けて3種類あります。
ファンネル・パワーフィルター・エアクリーナーBOXです。

ファンネルはラッパ形状で、より多くの空気をかき集めてキャブレターに送れるので
パワーはかなり上がります。
デメリットは音が大きいことです。
ラッパ形状なので吸気音も増大されてしまうのでしょうね。
そして直に大気に触れているので横風や走行風の影響を受けます。
速度が上がると走行乱流が起きるので高速での巡航は無理ですね。
雨は問題ありませんし、ネット着きの物を選べばシリンダーを傷つけるような
ゴミも入りません。

パワフィルはエアクリ+αぐらいの空気をキャブレターに送ることが出来ます。
でも全天候型のカバー付はエアクリよりもキャブレターに送れる空気が減ってしまいます。
エアクリよりも容量が小さく成ってしまうからです。
ですので全天候型のエアクリを使うのはエアクリBOXのスペースが無い時ぐらいです。
デメリットは雨に弱いことです。
強い雨が降る日はエンジンが止まってしまいますので乗れません。
音量ですが、スポンジタイプは比較的静かです。
ペーパータイプはファンネルと変わらないぐらい五月蝿いです。
太鼓のように響いてしまうからでしょうね。

最後にエアクリーナーBOXですが、純正でも使われるように音が静かで
天候にも左右されません。
速度に関係無く安定した空気を送れます。
デメリットはキャブレターに送れる空気が少ないことです。
BOXに吸気穴を増やしても思ったほどの効果が無いんです。

どれもメリットとデメリットが有りますよね。
去年のスリミはファンネルにエアクリBOXを被せた物を自作したんです。
音量を抑えて、ファンネルの吸気量を確保出来るのでは?と思ったからです。
それなりに効果はありましたよ。
エアクリBOXよりもパワーアップしたので吸気量は多くなったはずです。
でもファンネル単体のようなパワー感には成りませんでした。
そこで今回は更なる工夫をしました。
内容はスリミから帰ってから書きますね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

駆動系メンテナンス part2

2018年 06月24日 01:51 (日)

シンコーメタルから発売された「RRカム」ですが、ブログでインプレを書いて欲しいと
要望がありましたので、近いうちにやりたいと思います。
テストはステージⅤプーリーと当店の大口径プーリーの2種類で2~3種類の
センタースプリングの組み合わせで行う予定です。

そして当店で販売を開始した2stオイルもお客様からインプレが届いています。
好評なのは良いことですが、「効果が体感出来なかった」などの批判的なインプレが
今のところ来ていません。
私はお客様の生の声を聴きたいので、遠慮無くインプレしてくださいね。

シンコーメタルは大企業ではありませんので、商品を全国の有名店舗に
卸すことは出来ませんが小企業だから出来ることがあります。
お客様の声を聞いて、それをすぐに商品にフィードバック出来ることです。
プーリーも月日を重ねてステージⅤまでバージョンが上がりました。
実はこの2stオイルも発売当時と内容が変わっています。
初期バージョンは沈殿物があったんです。

その沈殿物も今は全く無いです。
そして現バージョンは焼き付き時のダメージを最小限に抑えることに重点をおいた
添加剤配合に成っているとのこと。
じゃ~今までのオイルとどう違うのか?
これもテストしてブログで公開する予定です。

そして、最近は台湾製のキャブレターが販売されています。

SWR.jpg

ケイヒンのPWKのコピーですね。
これを今度製作するエンジンに着けてテストしたいと思っています。

っていうことで今年の夏はテスト三昧に成りそうです。
もちろん全てブログで公開しますし、動画は今までのFC2に加えて
YouTubuでも公開する予定です。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

駆動系メンテナンス

2018年 06月19日 02:06 (火)

梅雨の中休みで天気が良いとグッと気温が上がります。
今年も暑く成りそうですが皆さんは、どうお過ごしですか?
私の方は仕事の合間に私用でバタバタです。
とりあえず梅雨明けに親父の一周忌で東京に行けば落ち着くと思います。

記事を書くのが久しぶりのような気がします。
私のジャイロは小変更で夏仕様にしました。

P_20180617_140646.jpg

って言ってもクーリングファンをKOSOからUPSに変えただけですけどね。
前回、高速走行をした時に気が付いたのですが、今の仕様ではシリンダーヘッドに着けてある
ヘッド温度計の温度が180℃を超えないんです。
今までのテストで200℃オーバーでも焼付かないことが判っていますから
温度に余裕があるなら回転抵抗の少ないファンに変えればフリクションロス低減に成ります。
そして、結果はすぐに出ました。
エンジンを温めるために一回りしてきたらアイドリングが3000rpmを超えてました。
へ~こんなに効果があるものなんだ!って感じです。

P_20180617_140700.jpg

そしてファン交換の時に気が付いたのですが、シリンダーベース部からオイルが滲んでいます。
ベースガスケットはアルミ板から切り出した自作なのですが、横着して前回の使い回し。
紙ガスケットなら問題無いのですが、次回は作り直しましょう。
まあこのくらいなら一時圧縮にも影響が無いのでそのままにしました。

ヘッドボルトの締め付け不足ならシリンダーヘッドガスケットから先に
圧縮漏れが起こります。
特に私の車両は高圧縮で組んでありますから、その傾向は強いですね。

そろそろ次のエンジン製作を考えています。
春のスリミではサーキットを楽しめるような状態では無かったですから、
秋のイベントに向けて新しい仕様で走りたいですからね。
今決まっているのは50ccの純正シリンダーを使うことぐらいですね。

それでは本題です。

続きを読む

車両メンテナンスとオーバーホール時期

2018年 03月12日 01:15 (月)

え~実は風邪を引いて少し寝込んでいました。
その間、作業が出来ないのでブロマガを始める準備をしていたのですが、
ブログのヘルプを見ながら設定や何やしています。
読みづらく成っていますが、頑張って整理しますので少しお待ちくださいね。

私の子供の頃は風邪を引くと体温計で熱を測ったものですが、
今はデジタル体温計に変わっています。
前は水銀がガラス棒に入った体温計でしたよね。
どうやらガラスは割れると危険、水銀は毒性があるとのことで
使用を中止したようです。

そんなこと昔から解かっていただろうに、突然「危ない!」って言うのが日本人です。
測定精度は水銀体温計の方が上、デジタルは個体差があるようです。
そして水銀は液体金属の時は殆ど無害、気化した時に毒性に成るんです。
2stエンジンと同じ、いくら良い物でも突然「害がある」「危ない」って
言われて無く成ってしまうんですね。

さて、前回セカンダリーの2つワッシャーを抜きました。
すると、吹け切るのがかなり早く成ってしまったので
今度はクラッチオフセットワッシャーだけ装着しました。
う~ん、これなら良さそう。
しばらくはこれで様子を見る予定です。

問題の答えですが、上級者が解かっているようなので書かなくて良いですね。
初・中級者には必要ありませんから。

そして新品に取り替えたプライマリーフェイスの当たりが着いてきました。
変速回転数が変わってきました。
WRを6.5g×6から6.5g×3+7g×3に重くしたのですが、
今度は回転下がりが出てきました。
見直しが必要かも知れません。

キャブセッティングもだいぶ詰めてきています。
SJエアブリード付き52、MJ132、PJ40、カッタウェイ5番、ニードル下から2.5番目です。
あと、迷っているのはMJだけですね。130と132のどちらで行くか?

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

3500kmほど走行後の75マロエンジンの検証

2017年 10月09日 21:18 (月)

前回のステップボードの取付けです。
ネットで調べてみると、取付け用の穴が空いていたり、ネジも付属している物もあるようです。
私のはデジタコのついでに調べもしないで購入したので取付けボルトも穴も無し。
ステップのサイドに穴あけしてボルト止めが一般的みたいです。

どうせ取り付けるなら取外ししやすく、綺麗に着けば良いですよね。
そこで、純正の取付け位置にしました。

P_20171005_123025.jpg

用意したのはステンレスのボルトと15mmのスペーサーです。
ボルトを純正のステップより高く成るように仮付けします。

P_20171005_123425.jpg

そしてアルミステップボードを置いて、位置が決まったらボルトの辺りをプラハンマーで
軽く叩いておきます。

P_20171005_123721.jpg

アルミは柔らかいので+ネジの跡がクッキリ残りますから、穴あけの位置決めで
苦労することはありませんね。
ドリルで穴を空けたら、ステップとアルミボードの間にスペーサーを入れて固定すればOK。

P_20171005_130622.jpg

汚かったステップが隠れて満足ですw
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク