10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

チューニング車両のキャブセッティング 2

2016年 08月27日 02:08 (土)

松山は連日の猛暑です。
一昨日はこの夏の最高気温36.4度を記録したそうです。
関東は雨が多いようですが、松山はここ1か月まとまった雨が降っていないんですよ~
梅雨明けから、ず~っと30度以上の日が続いています。

ですので、お盆中に製作予定だったプーリーが出来ていません。
プーリーを作る時には、野外で長袖・長ズボン・ゴーグル・マスク・手袋と
フル装備で削りますから、この気温じゃとても無理です。
待っているお客様に申し訳ないのですが、もう少し気温が下がるまで待っていてください。

そして、メールをくれた方で返事が来てない人がいたら
再送して頂けると助かります。
実はお盆中から急にスパムメールが増えたんです。
多い時には1日500通!
参りましたよ。
出来るだけ注意していますが、見落として削除した可能性もありますからね。

お盆と正月はネットで改造パーツを物色するのが恒例なんですが、
今年は一つだけ気に成るパーツがありました。
KN企画さんの重量クラッチアウターです。
ホンダの50cc 2stスクーターに使えるアウターですね。

今になって、やっと重量系のパーツが出始めたわけです。
重さが480gって、重いの???
そこで、ジャイロ純正のアウターを計ると・・・・

160826_031848.jpg

う~ん!たった6gかぁ~
6gの差でどのぐらいの効果があるんだろう?
もう少し重ければ注文したけど、6gで8000円は厳しいので止めました。
じゃ~クラッチを買おう!ってことでSTAGE6のクラッチを見ると欠品中でした。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

チューニング車両のキャブセッティング

2016年 08月20日 02:17 (土)

オーバーホール待ちのエンジンがあるのですが、今年のホンダはドタバタで
夏季休暇が明けてもシステムがダウンしていて部品の注文が出来ない。
午後に成ってやっと復旧したものの、部品が届いたのは今日の夕方です。

ぼ~っとしていても仕方ないのでジャイロの小変更しました。
まずは、ギアオイルを抜きます。

160819_123522.jpg

2丁UPハイギアを入れて200kmほど走行したオイルです。
残念ながら写真では見えませんが細かい鉄粉が結構混じっています。
ギアの当たりが付くまでは、オイルが汚れるんです。
ギア交換後、数回は安いオイルでまめに交換した方が良いんです。

でも、このオイルは安くありません。1ℓで2000円しますからね~
ちなみにバイク屋さんで使うオイルは20ℓ 5000~8000円ぐらいですからね。
ディオ系は100cc弱ですが、ジャイロは400ccも入りますから、
ギアボックスのオーバーホールの料金も今後変えないといけませんね。
そして、オイルも最高ランクのワコーズ4CRも選べるようにしようと思います。

ちなみに私はケチなので、このオイルはコーヒーフィルターで濾して再利用ですw
というのも、2丁UPハイギアを外して2.5丁UPハイギアを入れました。
また当たりが付いたころに、オイル交換するので新品は勿体ないですよね。

今回のハイギアはメイホクさんのハイギアです。
見た目はそれほど変わりませんが、圧入する時に、かなりの違いが解かりました。
old_kpさんが、なぜWPC加工を施したか?組んでいる時に実感できました。
まあ、この話しは開発者じゃないと分からないですよね。

ギア交換したところに宅配便が来てKNさんのファンが届いたので交換。
ついでにフライプレートのバランスホールの位置を再度変更しました。
ホールの位置は上死点前90°と上死点後90°です。
ファンは裏側を削って取り付けるのが良いのですが、時間が無かったので
1mmのワッシャー6枚をファンの裏側に噛まして装着しました。(画像が無くて済みません)

頼んであった純正部品が届いたと電話があったので、取りに行くついでに
少し走ってみましたが、エンジンの振動は今までで一番良い感じ。
ギアは0.5丁上がった訳ですが、たいして違いが体感出来ませんでした。
もちろん、慣らし中ですから急加速や高速で走行した訳ではありません。

少し走ってギアに当たりが付いてきたら違いをレポートしますね。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

エアクリ、パワーフィル、ファンネル吸気を考える

2016年 07月05日 00:47 (火)

いや~暑く成りました。
ルマン24時間も始まりましたね~
今年はトヨタのエンジンが良くなって、去年より1周で7秒も速いそうです。
アウディ、ポルシェ、トヨタの三つ巴に成りそうですね。
先ほどまでF1を辞めたマーク・ウェバーと小林可夢偉がトップ争いをしていました。

私はモータースポーツが好きで、モトGPやスーパーバイクはもちろん、F1からラリー
耐久からスプリントまでジャンルを問わず観ていますが、全部観ると
ブログが書けないどころか、寝不足で仕事に成りませんww

最近はマシーンもかなり変わってきましたね。
四輪はハイブリッド主流ですし、二輪は2stが無くなりました。

そんな中、二輪は逆回転のシリンダーが出てきました。
エンジンは上下のピストン運動をクランクで回転運動に変える訳ですが、
クランクが逆に回るんです。
クランクが逆に回るとフリクションロスを大幅に削減することが出来ます。

そこで皆さんも考えてみてください。
駆動系が正常に作動するかどうかは、この際無視したとして、
スクーターでクランクが逆に回ると当然、セカンダリーが付いているファイナルシャフトも
逆に回ります。
後輪を順回転に回すにはカウンターギアが要らなくなるんです。
つまり、カウンターシャフトに着いている2つのギアに掛かっていたフリクションロスが
無くせるってことです。
これは本当に大きなことで、三輪のジャイロなら大幅なパワーアップが可能ですね。

まあギアボックスも作り直さないといけませんから、私には不可能なチューニングですね。
では現時点で出来るチューニングを考えてみましょう。

今までも駆動系のフリクションロスを低減するチューニングを紹介してきた訳ですが、
皆さんはどのくらい駆動系が分かっているでしょうかね?
このままブログで書いてしまうのは簡単ですが、久しぶりにクイズにしましょう。

駆動系とは、ピストンの上下運動を回転運動に変えて後輪を回す際に、
回転する部分全部が駆動系と考えてください。
この回転は純正ノーマルの2stエンジンのクランク部で8000rpmほどに成るわけですが、
その際、一番速く回転しているのはどのパーツでしょう?????

答えはコメントに残していただいても結構ですし、自身で思っていても構いません。
一番速く回転しているパーツのフリクションロスを減らせば、たぶん一番効果的ですよね。
皆さんは少しでも速くしようと思って、このブログを読んでいると思いますから、
50ccという小排気量の原付のパワーアップには限界があるんです。
まして、ストリートでは限界ギリギリのチューニングをするよりも、
ロスを減らす方が安全で実用的なんですよ。

続きは、答えと一緒に次回のブログで書きますね。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ビッグインテーク

2016年 05月18日 01:26 (水)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ビッグキャブ

2016年 05月15日 02:38 (日)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力