04月 « 2018年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

原付2stスクーター最強モンスターエンジン

2018年 01月05日 19:15 (金)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

シリンダーの質と取り付けについて

2017年 12月10日 00:03 (日)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ジャイロ50cc試走

2017年 12月02日 19:16 (土)

まずはお知らせです。
今まで定期的に販売してきたジャイロのオーバーホール済みのレストアエンジンですが、
販売を終了することに成りました。

ジャイロの2stエンジンは3種類、前期・中期・後期に分かれています。
前期と中期のエンジンはギア比が低かったり、純正部品が無かったりするので
今後乗り続けるのも、チューニングベースとしても不向きです。
その為、前期・中期の車両のお客様向けに載せ替え用にエンジンを販売してきました。
ところが状況が変わり、今後は良いエンジンの入る見込みが無くなったので
販売を終了することに成りました。

ジャイロは車両販売価格が高いため、ヤフオクで売られているエンジンも高価です。
ライブディオZXのエンジンが12,000円程度で売られているのに対して
ジャイロのエンジンは30,000円前後です。
解体業者もエンジン始動動画を用意したり工夫していましたが、なかなか売れないんです。
しかも、業務で使用されたエンジンは、まともなパワーが出る訳も無く
売れてもクレームが多いそうです。
そこで、解体業者はエンジン単体の販売は止めて、バラして部品販売に切り替えています。

現在、ヤフオクでエンジン単体で売られているのは前期・中期エンジンだけで、
後期はほぼ個人出品に成っています。
個人出品のエンジンは、まず2オーナー以上でボロボロの状態が殆どです。
付き合いのあるバイク屋や解体屋からエンジンを仕入れることも考えましたが
最近は需要も少ないので販売を終了した次第です。

ジャイロを永く乗りたい方はXやUPの前期・中期の車両は早めに後期型への
乗り換えがお勧めです。
そして適切な時期に腰下とギアボックスのオーバーホールを行うことで
永く楽しめると思います。

腰下のオーバーホール時期について質問があったので少し書きますね。
2st原付スクーターの腰下は2stオイルによって潤滑が行われています。
クランクケース内の4つのベアリングの摩耗で腰下は傷みます。
クランクシャフト左右のベアリング、クランク大腿部のベアリング、スモールエンドベアリングです。
これが摩耗して減ってくるとオーバーホールが必要に成るわけですが、
摩耗の初期・中期では走行に殆ど影響が出ないんです。

走行に影響が出るのは、ベアリング破損などが起こる末期で、ここまで来ると
クランクシャフトまで摩耗が進んでしまいます。
この状態まで来るとクランク交換を含むフルオーバーホールを行っても
新車時の8割程度までしか状態を戻すことが出来ません。
ケース本体にも歪みなどのダメージが有るためです。
新車時の状態に戻すにはケースまで新品に交換するか、摩耗中期までに
オーバーホールするかのどちらかに成ります。

オーバーホール時期の見極めですが、素人ではまず不可能です。
使用している2stオイルの質と走行距離で判断するのがベストです。
ホンダ車の場合、フルノーマルで純正オイル使用だと15000km、
ワコーズの2CTなどの高性能オイルを使えば50000km程度がオーバーホール時期です。
駆動系やエンジンチューニングを行っていればオーバーホール時期は短く成ります。
私の車両は良いオイルは使っていますが、ボアアップなどのチューニングしてあるので
半分の25000kmがオーバーホール時期ですね。

実はバイク屋さんで売られている中古車は中期や末期に差し掛かった状態ですので、
購入時がすでにオーバーホール時期に成ります。
ヤフオクで売っているエンジンは末期が殆どです。

フルオーバーホールした後でチューニングを行っても末期のエンジンだと速くするのは
難しいんですよ。
同じ仕様に仕上げても何故か差が出てしまいます。
最高速で10~15km/hぐらい違って来ますね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロシリンダーの排気ポート

2017年 11月26日 20:59 (日)

う~ん、毎週お決まりのように日曜日は雨が降っているので
ジャイロの走行距離が全然増えません。
腰上を交換してから約一か月経つのに、やっと100kmってところです。

とりあえず動画を撮ってみました。
まだ慣らしの初期ですから、全開時間は30秒です。

[広告] VPS

今回も解かり易いように、いつものトンネルで5秒後にスロットルオープンしています。
0~60km/hまでは13秒掛かっています。
0~70km/hまでは20秒です。
2丁UPハイギアが入っていなければもう少し速いと思います。

これを仕様変更しながら0~60km/hを10秒ぐらいに成るように仕上げていきたいですね。
駆動系のセッティングは68マロ改を装着していた時のままなので
とりあえず37.5g ⇒ 40.5gに変更して変速回転数を下げました。
マロッシはレーシングシリンダーですからパワーバンドは高回転寄りですが、
KNシリンダーはあくまでも補修用ですので、純正シリンダーと同等のパワーバンドです。
変速回転数を下げることでパワーを有効に使えるのでは?って考えです。

キャブセッティングも走るたびに少しづつ変更して試していますがイマイチです。
出足が、もたつくんですよ。
動画でもスロットルを開けてから2~3秒もたついているのが確認できるでしょう。
この辺りを改善するために少し変更&チューニングを行うことにしました。

まず、今までは350gのフライプレートが着いていました。
50ccでは重すぎるので外すことにします。

駆動系ではクラッチのミートタイミングを500~1000rpmぐらい上げてみます。
これはウインナーSPを強い物に変更すればOKですね。

オイルポンプも変えないと駄目ですね。
今は68マロ改用にワコーズのV2Rを使うために増量加工してあります。
現状のまま使うとオイルの質・量ともにオーバースペックでフリクションロスが大きい。
メリットよりデメリットの方が大きく成り、高回転も伸びないでしょう。

選択肢は2つ。
無加工のオイルポンプに変えてオイルのグレードを2CTに落として使う。
もしくは、ポンプレスにして今のV2Rを燃料に混合して使う。
少し考えましょうね。

そして吸気系。
PE20が着いているためビッグマニを使っています。
このマニの容量は50~120cc
ですので、ジャイロ用に使うには75マロでも少し大きいんです。
今回は50ccですから、マニを絞れば吸気流速が上がってレスポンスが上がるはず。

P_20171126_154558.jpg

マニ内部をリューターで荒らしてパテの着きを良くしてあげます。
ニップル部にはドリルの刃を差し込んで仮固定。
パテが固まる前に抜けばOKですね。
さて、パテ埋めと思ったらパテが無い。
買いに行かなきゃ!

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロ補修用50ccシリンダーキット

2017年 11月16日 20:40 (木)

前回記事を書いてから急にシリンダー補修の依頼が増えました。
夏に行ったキャブセッティングによるものと思いきや、組み付けミスや
2stオイルを切らしての焼き付きが殆どです。
今は補修が可能ですので、いろいろチャレンジするのも良いと思います。

私のジャイロに積んでいる68マロ改も500kmほど走り、ほぼ慣らしも終了しました。
そこで、メインエンジンに載せ替えることにしたので外して確認しました。

P_20171113_130722.jpg

ヘッドは思ったより綺麗ですね。
今回、2stオイルはワコーズのV2Rを使ったのですが、カーボンが全然着いていないですね。

P_20171113_130729.jpg

ピストントップもカーボンは着いていないけど・・・・
これは割れたリードバルブが溶けてピストントップに、こびり付いています。

P_20171113_130852.jpg

ピストンサイドはV2Rでテカテカに光ってますね。
もしかしたらオイルポンプの増量加工要らなかったかも?
コーティングは薄く成っていますが、大部分残っています。
もう少ししっかり熱を入れても良かったですね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク